恩師に学ぶ

公開日: 哲学



どんな分野であれ、
執念を持った人間が最後には勝っている。
執念の人間にはかなわない。
では執念とは何か。
「忍耐強く耐え抜くこと」は、
重要であるけれども、まだ受身である。
さらにもう一重、
強く深く「執拗なまでに攻め抜くこと」――
これを執念という。
ここにこそ、勝利の活路は必ず開けるのだ。

(Visited 20 times, 1 visits today)

アドセンス広告

関連記事

no image

ナポレオンに学ぶ

不可能とは 臆病者の言い訳である 偉大な歴史を残せ!

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

責任感に立った人には、 知恵の嵐が吹く。 責任感のない人には、 知恵は湧かない。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

一に団結、 二に団結、 三に団結。 団結して戦うことが大事なんだ。 団結第一でいくことだ。 そうすれ

記事を読む

no image

ハワード・シュルツ スターバックスコーヒーCEOに学ぶ

損失を出してでも、 自分たちの存在意義を守らねばならなかった。 危機の時こそ、本当に何が大切で、 何

記事を読む

no image

孫子に学ぶ

彼を知りて己れを知れば 百戦して殆うからず 敵情を知り、 同時に自分の力も知っていれば、 戦いに敗れ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

事業にたずさわる人には、 次の三つの点が大切である。 第一に、先見の明が必要である。 政治

記事を読む

no image

スペンサーに学ぶ

第一に大胆たれ、 第二に大胆たれ、 第三に大胆たれ。

記事を読む

no image

サッカー界の王者 ロベルト・バッジョに学ぶ

勝利は、 苦しみを通じてのみ、 得ることができる。 苦しみを、 通り抜けない勝利はない。

記事を読む

no image

エン・ジャパン 越智通勝会長に学ぶ

仕事のことで誰かに相談したことは、一度もない。 経営者なんてものは孤独ですから。 すべて自分で判断し

記事を読む

no image

名字の言に学ぶ

限界に挑みたいというのは、人間の本性であり、 それが、個人においては成長を、 文明においては発展を促

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑