ナポレオンと恩師に学ぶ

公開日: 哲学



ナポレオン
「本屋の書棚に、欲しい本を目にするたびに、
 私はため息をついた。そして、やっと必要な額が貯まると、
 子供のように喜んで、買いに行った。それが、
 私の青春の唯一の喜びであった」
恩師
大変なときは、一日一食で通し、
衣服を自分で繕い、生活と格闘しながら、
懸命に学んだのである。
フランス革命が勃発したころも、そうした生活であった。
しかし、その逆境の青春こそ、
彼にとって幸運だった、と私は思う。
厳しい環境のなかでこそ、
人間は鍛えられ、強くなるのだ。

(Visited 16 times, 1 visits today)

アドセンス広告

関連記事

no image

ハワード・シュルツ スターバックスコーヒーCEOに学ぶ

企業は利益や効率を常に求めている。 しかし、私の経験から言えば それを持続できる唯一の方法は、 正し

記事を読む

no image

フランスの思想家 パスカルの言葉

力のない正義は無力であり 正義のない力は暴力である 社会益 国益 世界益となる事業を展開していきたい

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

どんな分野であれ、 執念を持った人間が最後には勝っている。 執念の人間にはかなわない。 では執念とは

記事を読む

no image

ヤマダ電機 山田昇会長に学ぶ

数ある店舗の中には、当然、 売り上げが伸びない店もあります。 しかし、往々にしてうまくいっていない店

記事を読む

自分を惑わす助言や指導について

最近あらためて感じたことがありました。 それは的を得ない助言や指導がいかに無駄であり、しかし

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

新しい人材が台頭するところ、 新しい時代は開かれる。 若きリーダーを立派に育ててこそ、 未

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

事業にたずさわる人には、 次の三つの点が大切である。 第一に、先見の明が必要である。 政治

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

立派な後継者を育てるのが、 真の指導者である。 優れた人材を見つけるのだ。 自分よりも優秀な人材を育

記事を読む

no image

日本ユニシス 島田精一特別顧問に学ぶ

人は不遇な目にあっても、 腐らなければ、 必ず輝くときがくる。

記事を読む

no image

世界的賢人に学ぶ

”解る”ことと”証得”は違う 解ったということと証得したということとは違う。 砂糖は甘いということが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑