中国 周公旦に学ぶ

公開日: 哲学



ある日、私が風呂に入っていたとき、
次々と3人のお客が訪ねてきた。
私はその度に、て早く髪をしぼって、
風呂からあがり、身なりを整えてお客に会った。
また別の日。
食事中に3人のお客が来た。
その時も3回、口の中の食べ物を吐き出して、
口をきれいにして、お客に会った。
訪ねて来てくれたお客を、
こちらの都合で待たせることは失礼にあたる。
上に立つ者は、小さなことに
もっと心をくばらなければならない。
少しでも、えらぶる心をもつと、
人の心はたちまち離れていってしまう。
そうなったら、国を守ることも、
栄えさせることもできない。
お前も、けっしておごり高ぶる心を、
もってはいけない。
どんな小さいことにも、真心と礼儀を尽くしていくことだ。
そうすれば、多くの人が心をひらく。
そして心が一つになれば、
国は栄えていくのだ。

(Visited 18 times, 1 visits today)

アドセンス広告

関連記事

no image

文豪 ユゴーに学ぶ

羅針盤さえあれば 時代の嵐など大したことはない。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

何事においても、新しいものを生みだし、 大きな業績を築いていくには、 「情熱」こそ不可欠の要件である

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

生涯、心の炎を燃やせ。 心が燃えているか、いないか。 確かな目標を目指して、 情熱を燃やしているか、

記事を読む

no image

ナポレオンに学ぶ

世界を率いていく秘術はただ一つ、 ”強くある” ということだ。 不可能とは臆病者の言いわけである。

記事を読む

no image

名字の言に学ぶ

限界に挑みたいというのは、人間の本性であり、 それが、個人においては成長を、 文明においては発展を促

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

女性を本当に尊敬していけば、 さらに今の何倍も発展していける。

記事を読む

no image

本田宗一郎終身最高顧問に学ぶ

負けてもいいんだという商売をやっている人は、 いつまでたっても、他のものも上がってこない。 商売でな

記事を読む

no image

世界的賢人に学ぶ

人というものは、 使う場所を間違えると、 一軍の大敗を招く。

記事を読む

no image

ヤマダ電機 山田昇会長に学ぶ

数ある店舗の中には、当然、 売り上げが伸びない店もあります。 しかし、往々にしてうまくいっていない店

記事を読む

no image

帝都復興院総裁 後藤新平に学ぶ

金を残すは下、 仕事を残すは中、 人を残すは上である。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑