中国 周公旦に学ぶ

公開日: 哲学



ある日、私が風呂に入っていたとき、
次々と3人のお客が訪ねてきた。
私はその度に、て早く髪をしぼって、
風呂からあがり、身なりを整えてお客に会った。
また別の日。
食事中に3人のお客が来た。
その時も3回、口の中の食べ物を吐き出して、
口をきれいにして、お客に会った。
訪ねて来てくれたお客を、
こちらの都合で待たせることは失礼にあたる。
上に立つ者は、小さなことに
もっと心をくばらなければならない。
少しでも、えらぶる心をもつと、
人の心はたちまち離れていってしまう。
そうなったら、国を守ることも、
栄えさせることもできない。
お前も、けっしておごり高ぶる心を、
もってはいけない。
どんな小さいことにも、真心と礼儀を尽くしていくことだ。
そうすれば、多くの人が心をひらく。
そして心が一つになれば、
国は栄えていくのだ。

(Visited 12 times, 1 visits today)

アドセンス広告

関連記事

no image

探検家 アムンゼンに学ぶ

完全な準備のあるところに、 常に勝利がある。 人はこれを”幸運”という。 不十分な準備しかないところ

記事を読む

no image

ナポレオンに学ぶ

世界を率いていく秘術はただ一つ、 ”強くある” ということだ。 不可能とは臆病者の言いわけである。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

未来の「果」は 現在の「因」にあり。 万代の土台を築くため 粘り強く「今」を勝て! 徹して自分を鍛え

記事を読む

no image

誠実な応対に学ぶ

お辞儀一つとっても 一流の人間は違うものである。 振る舞いで決まる。誠実で決まる。 誠実の二字なくし

記事を読む

no image

クオリティー・エレクトロダイナミクス社 藤田浩之CEOに学ぶ

経営者として実感していることは、 リーダーが正しいことを語り、行動していけば、 必ず同じ波長を持

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

懸命に苦闘した日々こそが 人生の一番の輝きである

記事を読む

no image

日本ユニシス 島田精一特別顧問に学ぶ

人は不遇な目にあっても、 腐らなければ、 必ず輝くときがくる。

記事を読む

no image

ハワード・シュルツ スターバックスコーヒーCEOに学ぶ

企業は利益や効率を常に求めている。 しかし、私の経験から言えば それを持続できる唯一の方法は、 正し

記事を読む

no image

帝都復興院総裁 後藤新平に学ぶ

金を残すは下、 仕事を残すは中、 人を残すは上である。

記事を読む

入会勤!!

  また一人、最高の新出発になりました❗ どんな願いも100億万%絶対に叶

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑