新渡戸稲造博士に学ぶ

公開日: 哲学



難局打開の道は何か。
余は只教育の一途あるのみと断言して憚らない。

(Visited 26 times, 1 visits today)

アドセンス広告

関連記事

no image

レック株式会社 青木光男社長に学ぶ

命がけでやらないと、 仕事なんて成功しませんよ。 今、振り返って思うのは、 何もないところ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

大事を成すには、 不抜の「信念」がなければならない。 そして信念は何より、 行動のなかで育まれ、行動

記事を読む

no image

ハワード・シュルツ スターバックスコーヒーCEOに学ぶ

企業は利益や効率を常に求めている。 しかし、私の経験から言えば それを持続できる唯一の方法は、 正し

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

いかなる分野にも、“浅深”がある。 人生にあっても同じである。 自分一人のために生きるのか、 より大

記事を読む

no image

論語に学ぶ

温故知新 古きを温ねて、 新しきを知る なんでも知ったつもりの若輩者ではいけない そう思う

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

気取りや見栄をかなぐり捨てることだ。 心に隙があってはならない。 油断大敵である。 物事を甘く見て慢

記事を読む

no image

中国 周公旦に学ぶ

ある日、私が風呂に入っていたとき、 次々と3人のお客が訪ねてきた。 私はその度に、て早く髪をしぼって

記事を読む

no image

レック株式会社 青木光男社長に学ぶ

創業時代は、 “社員の家庭が安泰でなくて、何のための仕事か” という考えから、 社員には家を購

記事を読む

no image

本田宗一郎終身最高顧問に学ぶ

負けてもいいんだという商売をやっている人は、 いつまでたっても、他のものも上がってこない。 商売でな

記事を読む

厳しいところでどう戦い結果を出せるかが本当の実力である

今よりももっと実力をつけたければ、 恵まれた環境のところへ行かなければならない、 これは道理であ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑