株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ
次元は違いますが、
私が創価学会を見ていて感心するのは、
「師弟」という言葉を頻繁に使い、
それを実践しているところなんです。

普通、宗教の指導者といえば「教祖」ですよね。
でも、創価学会では池田名誉会長のことを、
「師匠」であり、「先生」と呼んでいますね。

「師匠」は自身の全存在を通して「弟子」を正しく、
立派に育てようと、厳しく訓練します。

一方、「弟子」は、少しでも「師匠」の
核心に迫ろうと常に精進します。

「教祖」というと、どこか上から目線ですし、一方通行です。
でも「師弟」という言葉には、双方向の心の交流がある。
温かさがあります。


私はこの「師弟」という言葉の中に、またその実践の中に、
学会の在り方の正しさを見る思いでいるのです。

今の若い人に「師弟」なんていっても、
ピンとこないかもしれない。

でもこの「師弟」という生き方の中にこそ、
すっかり自分勝手になり、無軌道になってしまった
現代社会の大切な急所があるように思っているのです。

私は直接、名誉会長にお会いしたことはありませんが、
多くの人々の人生を導く、偉大な指導者であると思っています。

(Visited 549 times, 1 visits today)

アドセンス広告

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

タレント 江利奈さんに学ぶ

「今いる場所で勝利を」 との池田先生の指針を胸に、 「必ず実証を示そう」と誓って、 前

記事を読む

no image

魅力的なあの人

最近よく利用しているお店があります。 色々あり業種は伏せますが、 同世代の女性の方です。 素晴らしい

記事を読む

no image

3時24分

あれ以来、 母は父が亡くなった3時頃になると、 毎日目が覚めているようです。 生涯の伴侶を失った悲し

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

冥の照覧 誰がみていなくともよい 誰に凭りかからなくてもよい ただ一元的な方に則り 汝の人生の真相と

記事を読む

ローマクラブ名誉会長 ホフライトネル博士と池田大作SGI会長に学ぶ

ホフライトネル博士夫妻を 東京・聖教新聞本社に歓迎。 1992年5月15日 池田SGI

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

真実の幸福を願うものは、 みずからの幸福ばかりでなく 他の人の幸福のためにも 働く人でなければならな

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

自らが決めた道を歩めること自体、 幸福なのである。 ゆえに、健康な時に労を惜しまず、 働くことである

記事を読む

no image

努力を忘れる前に

努力を忘れてブーブー文句を言うのは筋違い。 努力が足りない。 圧倒的に足りない。 力のなさを嘆いてい

記事を読む

no image

因と果

すべての事象には原因と結果がある。 どんなことでも例外はない。 どんな不運も幸運も、全て因果

記事を読む

恩師に学ぶ

今日も「なすべきこと」を 厳然となせ! そのたゆみなき 積み重ねによってのみ 「勝利

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑