株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ
次元は違いますが、
私が創価学会を見ていて感心するのは、
「師弟」という言葉を頻繁に使い、
それを実践しているところなんです。

普通、宗教の指導者といえば「教祖」ですよね。
でも、創価学会では池田名誉会長のことを、
「師匠」であり、「先生」と呼んでいますね。

「師匠」は自身の全存在を通して「弟子」を正しく、
立派に育てようと、厳しく訓練します。

一方、「弟子」は、少しでも「師匠」の
核心に迫ろうと常に精進します。

「教祖」というと、どこか上から目線ですし、一方通行です。
でも「師弟」という言葉には、双方向の心の交流がある。
温かさがあります。


私はこの「師弟」という言葉の中に、またその実践の中に、
学会の在り方の正しさを見る思いでいるのです。

今の若い人に「師弟」なんていっても、
ピンとこないかもしれない。

でもこの「師弟」という生き方の中にこそ、
すっかり自分勝手になり、無軌道になってしまった
現代社会の大切な急所があるように思っているのです。

私は直接、名誉会長にお会いしたことはありませんが、
多くの人々の人生を導く、偉大な指導者であると思っています。

(Visited 626 times, 2 visits today)

アドセンス広告

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

誠実にかなうものはない。 誠実さがないところに、愛情もない。 論理も包容力も、ユーモアもなく

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人生の荒波をのりこえる闘志ももたずして、 教養をうんぬんするのは、およそナンセンスである。

記事を読む

株式会社バスクリン 古賀和則社長に学ぶ

創価大学で一番、打ち込んだことは、 「パイオニア吹奏楽団」です。 私はホルンを担当しました。

記事を読む

全国ダンスドリル選手権大会 東西創価学園生が熱演

創価学園、強い! 万歳!!!!!

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人のため、社会のため、自分のために、 何かを為す。何かを創る。何か貢献する。 そのために、生

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

自分の心が変わり、使命感が変われば、 すべてが変わっていく。 人のために、と行動していくなか

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

皆、今世に果たすべき、 大いなる使命と力を持って生まれてきた 地涌の菩薩だ。 その自分を信じ、徹して

記事を読む

no image

感謝

多くの人たちの応援、 本当にありがたいです。 懐かしい声、 ほんとうに嬉しいです。

記事を読む

池田名誉会長と周恩来総理との会見40周年に学ぶ

1968年9月8日、 池田名誉会長(創価学会インタナショナル)は 日中国交正常化提言を発表

記事を読む

株式会社ヤマダ電機 山田昇社長に学ぶ

あれは2009年10月のことでした。 創価大学で、創立者の池田名誉会長に対し、 東南アジ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑