ミキハウスグループ創業者 木村皓一さんに学ぶ

公開日: 社長日記



ミキハウスグループ創業者 木村皓一さんに学ぶ
私が社員に訴えていることは、
「8対2」の人間関係を目指せということです。

相手の取り分が8、自分は2でいいと。
5対5だと、プラマイゼロで、
相手に何も残らないじゃないですか。

あの人にはお世話になったな、
そういうふうに思ってもらえるようにすることです。

相手が5で、自分も5が普通と考えるから、
トラブルが生じるのです。

ミキハウスグループ創業者 木村皓一さんに学ぶ
その点、創価学会の皆さんは、
素晴らしいんじゃないでしょうか。

会社を創業した時から、
ずっと親しくしている友人がいるのですが、
その方が熱心な学会員なんです。

その友人から、熱心に誘われ、
会合に出たこともあるんです。
実は、私の姉夫婦も熱心な学会員です。

創価学会には、いいイメージしかありません。
悪い人、嫌な人を見たことがない。
真面目で、熱心な方々ばかりです。

皆、生き生きと、感激しながら、
自分たちの信仰に誇りと情熱をもって
やっていますよね。
人に強制されてやっているようには見えない。

ミキハウスグループ創業者 木村皓一さんに学ぶ
私は会社を創業し、
毎日多忙でしたから入会しなかったけれど、
もし勤め人だったら100%入会していますよ。

池田先生の著作も読んでいますよ。
友人が送ってくるんです。
読んでないと怒られますから(笑い)。

私は池田先生とお会いしたことはありませんが、
人類とか、平和とか、文化とか、
本当に大きな視野とスケールで、
指揮を執っておられる。
本当に頭のいい方だなと思って見ています。

ミキハウスグループ創業者 木村皓一さんに学ぶ
ともあれ、私の夢は
「結婚し、子どもが生まれたら、
あんなきれいな洋服を着せてあげたいな」
と、世界中の女性から思ってもらえるような
商品を作り続けていける会社にすることです。

子どもも、お母さんも、お父さんも、
おじいちゃんも、おばあちゃんも、
みんなが幸せになるような、
そんな家庭づくりに、少しでも貢献したい、
ただそれだけを願い、これからも頑張っていくつもりです。

アドセンス広告

, , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

一喜一憂することが 一番愚かなことである どうなろうと 出た結果は受け止めるという ”覚悟の人”でな

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人生、だれにでも悲しみや苦難の山がある。 それを、どう勝ち超えるか。 その山を乗り越え、勝ち

記事を読む

毎日笑顔で機嫌よくしろ

しかめっ面してる人、 機嫌悪そうにしてる人、 怒ってるような感じがする人、 ぶっきらぼうに

記事を読む

no image

イギリス ギボンに学ぶ

風と波とは 常に優秀な航海者に味方する

記事を読む

恩師に学ぶ

「生命の因果」 「人生の幸、不幸」 ――これらについて人が真剣に考え始めるのは、 多くの場

記事を読む

no image

謹賀新年

新年あけましておめでとう御座います。 本年も変わらぬご愛顧のほど、 何卒よろしくお願い申し上げます。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

「戦っている時」こそ幸福。 人生を振り返ってみて、いちばん幸福な時はいつか。 それは「戦っている時」

記事を読む

no image

名字の言に学ぶ

「わが家の変毒為薬への大きな一歩にしたい」。 彼女の誓いを地元の同志も祈りで支え、全力で応援した。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

青春も、苦しいことや、つらいこと、 くやしいことに断じて負けない人が、 真の勝利者です。

記事を読む

no image

もっともっと

感謝して生きたい。 あたりまえだと思っていること、 当然のような態度で接していること、 感謝を忘れて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑