レック株式会社 青木光男社長に学ぶ

公開日: 哲学



創業時代は、
“社員の家庭が安泰でなくて、何のための仕事か”
という考えから、
社員には家を購入できるようにしました。

社長の私は、一番最後。
今も賃貸です。

妻は、バーゲン品以外の洋服は
買わないように気を使っています。

(Visited 73 times, 1 visits today)

アドセンス広告

関連記事

no image

帝都復興院総裁 後藤新平に学ぶ

金を残すは下、 仕事を残すは中、 人を残すは上である。

記事を読む

no image

ナポレオンと恩師に学ぶ

ナポレオン 「本屋の書棚に、欲しい本を目にするたびに、  私はため息をついた。そして、やっと必要な額

記事を読む

no image

探検家 アムンゼンに学ぶ

完全な準備のあるところに、 常に勝利がある。 人はこれを”幸運”という。 不十分な準備しかないところ

記事を読む

no image

ドラッカーに学ぶ

企業の目的は社会貢献である。 単なる金儲けだけでは長続きしない。

記事を読む

no image

日本香堂ホールディングス 小仲正久会長に学ぶ

そろそろ私たちは西洋の合理性から脱却し、 日本の良さ、東洋の非合理性、 義理とか人情とか、人をもてな

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

どんな分野であれ、 執念を持った人間が最後には勝っている。 執念の人間にはかなわない。 では執念とは

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

信じる心とは 「無限の希望」 を生む知恵です――  恩師 どんなことでも できると信じるから 信じ抜

記事を読む

no image

浜口直太社長に学ぶ

長年かかわってきた特定の技術や ビジネスモデルに固執する起業家は、 意外に多いものです。

記事を読む

no image

サッカー界の王者 ロベルト・バッジョに学ぶ

勝利は、 苦しみを通じてのみ、 得ることができる。 苦しみを、 通り抜けない勝利はない。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

目標を持たぬ人間は、 そしてまた、 目標を持たぬ団体は、 最後は敗れる。 目標があること自体が発展の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑