株式会社ヤマダ電機 山田昇社長に学ぶ

公開日: 哲学



最後は「人の利」です。

結論からいうと、実はこれこそが
弊社発展の最大の要因だと私は思っています。

経営というのは、パートナーが必要です。
自分一人だけでは何もできません。

そういう意味で、どういう人と巡り合うか、
これこそ経営の勝敗の決め手です。

私は、今、社長(当時)を務めている
一宮忠男君という片腕を得ることができました。

彼の最大の売りは、交渉力のすごさです。
人間としてとても誠実です。
しかも、人一倍の努力家で使命感があります。

「人の利」ということについて、私は会社のリーダーには、
五つの条件が必要であると思っています。

「企画力」
「実行力」
「貢献」
「スピード」、そして、
「使命感」です。

この中で最も大切なのが、「使命感」です。

その人がどんなに優秀で、行動力があっても、
使命感、つまり弊社の発展に寄与していこうという
「志」が同じでなければ、事は成就しません。

使命感のない人は、
往々にして自分のことしか見えないし、考えていない。
それでは会社は発展しない。

弊社がここまで発展できたのは、
「人の利」に恵まれたこと、これに尽きます。

(Visited 35 times, 1 visits today)

アドセンス広告

, ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

どんな分野であれ、 執念を持った人間が最後には勝っている。 執念の人間にはかなわない。 では執念とは

記事を読む

no image

ハワード・シュルツ スターバックスコーヒーCEOに学ぶ

企業は利益や効率を常に求めている。 しかし、私の経験から言えば それを持続できる唯一の方法は、 正し

記事を読む

no image

世界的賢人に学ぶ

仕事に左右されるな。 仕事を左右せよ。

記事を読む

no image

エン・ジャパン 越智通勝会長に学ぶ

仕事のことで誰かに相談したことは、一度もない。 経営者なんてものは孤独ですから。 すべて自分で判断し

記事を読む

no image

新渡戸稲造博士に学ぶ

難局打開の道は何か。 余は只教育の一途あるのみと断言して憚らない。

記事を読む

自分を惑わす助言や指導について

最近あらためて感じたことがありました。 それは的を得ない助言や指導がいかに無駄であり、しかし

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

勢い――。 それは、“断じて成し遂げよう!” という、強き決意と闘魂から生まれる。 それは、自ら勇ん

記事を読む

no image

論語に学ぶ

温故知新 古きを温ねて、 新しきを知る なんでも知ったつもりの若輩者ではいけない そう思う

記事を読む

no image

哲人アランに学ぶ

小さな努力でも 重ねれば 無限の可能性が生まれる

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

大事なのは『執念の努力』です。 断じて負けない。 断じてやり抜く。 『苦学の道』を歩んだ人が本物です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑