素直の伸びしろ

公開日: 社長日記



昨日は素直な子と縁する機会に恵まれました。
とても素直で感心しました。
ああ、こういう子はすぐに伸びるなと思いました。
反面、羨ましいなとも思いました。

というのも私自身、
その子と同じぐらいの年齢の時に、
同じように素直だったかと言えばそうではないからです。

素直な奴は伸びます。
真っ直ぐに伸びていきます。
しかし、正しい情報をあびなければいけません。
誤った情報を得ることほど勿体無いことはない。

素直だと騙される、
そう思う人もいるかもしれませんが、
たとえ1億円騙されたとしても、
10億円の利益を出せるのが素直さの強みなのです。

素直じゃない人は、
1億円の損失はなくても、
10億円の利益を生むことができません。

その結果、
素直なら9億円の利益。
素直じゃなければ0円の利益。

素直と馬鹿を同じにしてはダメですよ。
素直とバカは違います。

どんなに騙されても、
素直に学び、素直に修正し、素直に実践していく。
この素直さが、人を、物事の判断する英知を磨くのです。

素直じゃない人は、
何に対しても疑いを起こし、
常に物事の裏側を探って生きてしまう。
騙されにくいかもしれませんが、
その結果、何も得る事ができないのです。

正しい事は、
1から10まで言われたことは全てやるのです。
考えて、行動し、落とし込んでいくのです。
素直に愚直にやるから結果が出る。

そして誤った情報は、
しっかりとした正視眼でみるのです。
これを養うのは勉強と経験しかありません。
考えて考えて、理論を学び、行動し、結果に落とし込むのです。

これができないで、
ただ素直になんでもやればいいというのは、
バカのすることです。

自分は素直だから成功できるといったって、
バカでは結果はついてこない。

よく、バカだから成功すると言われますが、
バカが成功した試しはない。
しっかりとやる事やってるんですよ。
そして素直なんです。

昨日出会った子は、
間違いなく伸びていくと思います。
やりたいように、望んだ通りに、
幸せの直道を真っ直ぐに進んでいくでしょう。

ただし、正しい事を続ければの話しです。
何があっても正しい道を貫き通せばの話しです。
素直に貫き通せるかどうか、これが決め手なのです。

しかし、素直な子でも、
難が起き、辛い事、苦しい事があった時に、
どうしても素直じゃなくなる時がある。

ここが分かれ目です。
貫けるか。退くか。

何があっても素直に、愚直に、
これしか成功の、幸福の直道はないと確信します。

私も今日から決意新たに、
素直に、真っ直ぐに進んでいこうと決意し直しました。

今日も明日も、
何があっても素直に真っ直ぐに進み続けたい―

アドセンス広告

, , , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

戸田先生は、青年に期待を寄せ、 次のように語っておられた。 「青年ならば、その立場立場で、喜

記事を読む

no image

みんな大変な中がんばっている

私が尊敬する先輩経営者の方に励まされ、 また一つ決意を新たにしました。 莫大な借金を抱えても、 今で

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

「笑う」という言葉は、 古くは「咲う」とも書いたという。 笑顔は、 人間が咲かせることのできる花であ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

母は、わが家の太陽である。 いな、世界の太陽である。 いかに暗く厳しい状況にあっても、 母

記事を読む

no image

サムエル・ウルマンに学ぶ

年を重ねただけで人は老いない 理想を失うとき初めて老いる

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人生の幸福には、 大きく分けて二つの種類がある。 欲望の充足によって感ずる幸福と、 生命自体の躍動、

記事を読む

no image

エッセイスト 橋出たよりさんに学ぶ

生きていく中で、 悲しいことや苦しいことなど、 たくさんの涙を流すことがあります。 それでも、雨が降

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

感謝の心は美しい。 自らが縁した人を 大事にしていこうという心の余裕が、 人生を豊かにする。 美しく

記事を読む

no image

ターニングポイント 安達朗子さんに学ぶ

高校一年生で視覚を失う。 毎日10時間以上の勉強を重ね、 短大を主席で卒業、四年生大学に編入

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人材を見つけ、人材を育てる。 ここに勝負の分かれ目がある。 勝つために先手を打つことだ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑