素直の伸びしろ

公開日: 社長日記



昨日は素直な子と縁する機会に恵まれました。
とても素直で感心しました。
ああ、こういう子はすぐに伸びるなと思いました。
反面、羨ましいなとも思いました。

というのも私自身、
その子と同じぐらいの年齢の時に、
同じように素直だったかと言えばそうではないからです。

素直な奴は伸びます。
真っ直ぐに伸びていきます。
しかし、正しい情報をあびなければいけません。
誤った情報を得ることほど勿体無いことはない。

素直だと騙される、
そう思う人もいるかもしれませんが、
たとえ1億円騙されたとしても、
10億円の利益を出せるのが素直さの強みなのです。

素直じゃない人は、
1億円の損失はなくても、
10億円の利益を生むことができません。

その結果、
素直なら9億円の利益。
素直じゃなければ0円の利益。

素直と馬鹿を同じにしてはダメですよ。
素直とバカは違います。

どんなに騙されても、
素直に学び、素直に修正し、素直に実践していく。
この素直さが、人を、物事の判断する英知を磨くのです。

素直じゃない人は、
何に対しても疑いを起こし、
常に物事の裏側を探って生きてしまう。
騙されにくいかもしれませんが、
その結果、何も得る事ができないのです。

正しい事は、
1から10まで言われたことは全てやるのです。
考えて、行動し、落とし込んでいくのです。
素直に愚直にやるから結果が出る。

そして誤った情報は、
しっかりとした正視眼でみるのです。
これを養うのは勉強と経験しかありません。
考えて考えて、理論を学び、行動し、結果に落とし込むのです。

これができないで、
ただ素直になんでもやればいいというのは、
バカのすることです。

自分は素直だから成功できるといったって、
バカでは結果はついてこない。

よく、バカだから成功すると言われますが、
バカが成功した試しはない。
しっかりとやる事やってるんですよ。
そして素直なんです。

昨日出会った子は、
間違いなく伸びていくと思います。
やりたいように、望んだ通りに、
幸せの直道を真っ直ぐに進んでいくでしょう。

ただし、正しい事を続ければの話しです。
何があっても正しい道を貫き通せばの話しです。
素直に貫き通せるかどうか、これが決め手なのです。

しかし、素直な子でも、
難が起き、辛い事、苦しい事があった時に、
どうしても素直じゃなくなる時がある。

ここが分かれ目です。
貫けるか。退くか。

何があっても素直に、愚直に、
これしか成功の、幸福の直道はないと確信します。

私も今日から決意新たに、
素直に、真っ直ぐに進んでいこうと決意し直しました。

今日も明日も、
何があっても素直に真っ直ぐに進み続けたい―

(Visited 8 times, 2 visits today)

アドセンス広告

, , , , ,

関連記事

no image

イギリス ギボンに学ぶ

風と波とは 常に優秀な航海者に味方する

記事を読む

no image

名字の言に学ぶ

順調と油断した時に 次の敗北の因をつくる 一方、 逆境から抜け出そうと 必死に努力したことで 大きな

記事を読む

株式会社ヤマダ電機 山田昇社長に学ぶ

あれは2009年10月のことでした。 創価大学で、創立者の池田名誉会長に対し、 東南アジ

記事を読む

no image

草創期の大先輩に学ぶ

友達がいるのを当たり前と思ったらいかん。 みんなのおかげで自分がいる。 心から感謝です。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

男は力だ。 師子王のごとく生きよ。 なにごとも、歯をくいしばってがんばりきれる人が、 男のなか

記事を読む

ゴルバチョフ元大統領と池田大作SGI会長

「池田会長も私も、 生涯を通して、世界中を駆け巡ってきましたね……」 ゴルバチョフ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人は、励ましがなければ、 なかなか前に踏み出せない。 一人一人を真心から励まし、 皆の心を

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

粘り強く、20年、30年、 50年先を目指して戦っていく人が本物です。 自分が住んでいるところが 一

記事を読む

シンガポール リー・クアンユー首相と池田大作名誉会長

日本のメディアが報道しない真実。 首相官邸にて1988年2月9日。 2度目の出会いは

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

臆病な連中にいてもらう必要はない。 臆病者はじゃまになる。 大事なのは勇気である。 意気地

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑