「 恩師 」 一覧

恩師に学ぶ

2013/10/21 | 社長日記

一流の人物は誠実であり、理解力があり、 物腰が柔らかく、人と人との交際においても、 なんともいえない好印象を与えるものである。 諸君は一流の人間になってほしい。 状況がちょっと悪くなっ

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/21 | 社長日記

人が苦境に立ったとき、 多くの人は見て見ぬふりをする。 かかわりあいを恐れたり、 またおっくうがったりして、遠ざかっていく。 そんなときの親切は、 真心と勇気ある人以外は、できないこ

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/21 | 社長日記

人間である以上、だれにでも過ちはある。 間違った見解に陥ることもあろう。 しかし、過ちを指摘されたときに、 率直に非を認め、大胆に攻めるかどうかで、 進歩の人か保守の人か、 また善意

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/20 | 社長日記

頭がよい悪いといっても、 じっさいにはほとんど差がない。 先天的な特質は人によってちがうが、 総合的にみたら、それほど差があるものではない。 大事なのは努力である。 他人よりも努

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/20 | ビジネス

こんな難しい仕事が出来るだろうかと尻込むのと、 よし! やってやろうと考えるのと、 紙一枚の差だ。 ところが死物狂いで頑張っていると、 次次に自分になかった力が出てくる。 い

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/20 | 社長日記

ほんとうの自信には、 深い用心がともなっているものだ。 その用心があるところに成長がある。 自信満々というのは、 うぬぼれにすぎぬ場合が多い。 ほんとうの自信というのは、 大胆

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/20 | 社長日記

ほんとうの勇気というものは、 アメリカへ“いかだ”でいったとか、 世界一周したとか、そういうものではない。 ほんとうの勇気と冒険は生命というものはなにか、 自分自身とはなにかを解明すること

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/20 | 社長日記

浅はかな 感情の人生を生きるよりも 自身らしく 一つの深い理由と信念のために生きゆく 青春であってもらいたい

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/20 | 社長日記

周囲には、嘲笑と抑圧の嵐も、 たくさん起こってくるであろう。 しかし、生命の真実を訴えつづけ、 信念の持続の行動を貫いていくところに、 人間として、また青年として生きる最大の意義がある。

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/20 | 社長日記

同志を裏切り、 自己を裏切って転向した人は、 一時は、時流にうまく乗って栄えたとしても、 その人の心の奥底には、 死ぬ瞬間まで大きな傷が残るに違いない。

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/20 | 社長日記

気がねをしながら生きる青年でありたくない。 自身の生命力、自己の責任をもった、 信念の行動が大事なのだ。

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/19 | 社長日記

愚人にほめられたるは第一のはじなり。 愚人ににくまれたるは第一の光栄なり。 認識せずして評価するな。

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/19 | 社長日記

悪をすると善をしないとは、 同一の行為を別言したのにすぎない。 しかるに前者は悪いにきまっているが、 後者は悪ではないから、善であるが如くに誤解して、 平気でいるのが当世の常識といってよい

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/18 | 社長日記

不惜身命の精神に立った人ほど強いものはない。 真実の安楽であり、いかに、 他からこわそうとしても、こわすことはできない。 だれにこびへつらう必要もない。 巌のごとく堂々としており、

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/18 | 社長日記

自分の目先のことばかり考えて 全体観ができないのは近視眼である。 できもしない理想ばかり述べて 実践がないのは遠視眼である。 遠大な理想をもち、目的観を明確にしながら、 身近な足もと

続きを見る

恩師に学ぶ

2013/10/18 | 社長日記

いわゆる有名人といい、大学者といっても、 それは人々がつくりあげた虚像にすぎない。 冷静に客観的にみるならば、 あくまでもなま身の人間であり、 その生涯は苦悶と、ときには醜い陰すらもってい

続きを見る

アドセンス広告

アドセンス広告

PAGE TOP ↑