恩師に学ぶ

公開日: 哲学



事業にたずさわる人には、
次の三つの点が大切である。

第一に、先見の明が必要である。
政治家も同じだが、時代がどうなっていくか、
どう手を打とうか、つねに一歩先をみなくてはいけない。

第二には、熟慮である。
事業では計算することである。
最悪の事態を考慮してあらゆる角度から、考えることである。

第三には、果断である。
決断力であり、実践力である。
一度決めたらどんなことがあっても、
岩をも貫いて進めて、達成しきるという果断さである。

(Visited 18 times, 1 visits today)

アドセンス広告

, , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

厳しいところでどう戦い結果を出せるかが本当の実力である

今よりももっと実力をつけたければ、 恵まれた環境のところへ行かなければならない、 これは道理であ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

一時は万事に通じている。 一時を貫く中で万事を学び、 全てに勝利する力がついていく。

記事を読む

no image

世界的賢人に学ぶ

モンテ・クリスト伯のダンテスが、 なぜ社交界で成功したのか? 信用があったからだ、と私は思う。 大事

記事を読む

no image

斎藤一人さんに学ぶ

経営にコツがあれば誰でも我が子に教えるから、 3代目とかでつぶれてしまうということは起こらない。 で

記事を読む

no image

孫子に学ぶ

百戦百勝は 善の善なる者に非ざるなり 戦わずして人の兵を屈するは 善の善なる者なり 戦えば必ず勝つと

記事を読む

no image

哲人アランに学ぶ

小さな努力でも 重ねれば 無限の可能性が生まれる

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

改革なくして進歩なし 改革がないところに進歩はない。 伝統だけでは、どうしても行き詰まり、硬直化して

記事を読む

no image

ハワード・シュルツ スターバックスコーヒーCEOに学ぶ

損失を出してでも、 自分たちの存在意義を守らねばならなかった。 危機の時こそ、本当に何が大切で、 何

記事を読む

no image

福沢諭吉先生

独立の気力なき者は必ず人に依頼す、 人に依頼する者は必ず人を恐る、 人を恐るる者は必ず人に諛うものな

記事を読む

no image

ナポレオンに学ぶ

攻撃力は 「量×質×速度」 の計算で決まる。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑