名字の言に学ぶ

公開日: 社長日記



育児の真っ最中に
自分の時間をつくるのは容易ではない。
どうしても読みたい本がある時、どうするか。
ある母親の大胆な作戦。
足の裏にフェルトペンで顔を描いておき、
子どもをあやしながら読んだそうだ。
“自分を放っておいても読みたい本とは、
さぞかし面白いものだろう”。
こう思ったのか、
2人の子どもは自然と本好きに育った。
本紙に寄せられた、
ほほ笑ましい読者のエピソードだ。

(Visited 28 times, 1 visits today)

アドセンス広告

関連記事

no image

恩師に学ぶ

要は、四十代を超えてから役に立つように 学問を身につけた人が成功なのである。 どうかそういう

記事を読む

勇猛精進2003.3.16

恩師から頂戴した押印和紙をみて思い出しました。 早いものであれから10年以上が経ちまし

記事を読む

no image

ローマの鉄人セネカに学ぶ

物事を先送りしていれば、 人生はそのあいだに過ぎてしまう。 この世に何一つとして、ルキリウス、 自分

記事を読む

no image

ゲーテに学ぶ

いつかは終局に達するというような 歩き方では不十分だ その一歩一歩が終局であり 一歩としての価値がな

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

「笑う」という言葉は、 古くは「咲う」とも書いたという。 笑顔は、 人間が咲かせることのできる花であ

記事を読む

常に忘れずに

最近、デスクの前に貼り直しました。 もう10年以上何度も何度もみてきた言葉です。 2

記事を読む

一生懸命にやれば必ず応援してくれる

今、自分は何をしなければならないのか? 自分が果たす役目はなんなのか? 自分がやるべき事

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

どんなに離れていても、 心と心はつながる。 たとえ会えなくとも、 命と命は通い合う。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

絶対に人を待たせてはいけない。 来る時間がわかっていたら、 待っていて、出迎えるんだ。 人を待たせて

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

書くということは、 いろいろな意味で最大の教育である。 書こうと思えば悩むし、 実力がつく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑