大阪、福井で「ユースフェスタ」――関西の各府県でも順次開催

 関西の青年世代による「ユースフェスタ」がスタートした。
関西では「関西池田記念大講堂」オープンの2027年、学会創立100周年の2030年に向け、“常勝の未来”を担い立つ青年の育成に力を入れている。

その一つの発火点となるのが、今月から6月にかけて各府県で開催される同フェスタである。
総大阪の「OSAKAユースフェスタ2024」は吹田市の大和大学で、11、12の両日、昼と夕の2回ずつ行われ約1万人が参加。

同大学の田野瀬良太郎学長をはじめ来賓が出席した。
一方、福井総県の「FUKUIユースフェスタ2024」は12日、福井市のフェニックス・プラザで行われた。

聖教新聞

世界一の平和の連帯
創価学会ここにあり

コメント

タイトルとURLをコピーしました