恩師に学ぶ

公開日: 社長日記



恩師に学ぶ
人生の土台を築く大切なときに、
何もかも恵まれ、ちやほやされて、
何ひとつ不自由がない。苦労がない。

そういう人生は、ひとつも幸福ではない。
いちばん不幸だ。
偉大な人間が育つはずがないのである。

苦難がないことが幸福なのではない。
苦難に負けず、たとえ倒れても、断じて立ち上がり、
乗り越え、勝ち超えていくところに、
人生の真の幸福があり、喜びがある。

人生は、戦いである。
人生は、挑戦である。
人生は、鍛錬である。

困難を避けて、人生はない。
いかなる試練に直面しようとも、
「さあ、戦おう!」「成長するチャンスだ!」
と勇んで立ち向かっていく、「強い自分」
をつくるのが日蓮大聖人の仏法である。

この「戦う魂」を持った人が最後は勝つのだ。

“悪戦苦闘”がなく、何の難も労苦もない人生。
たしかに、それは楽に思われる。

しかし、ちょうど、外気にも触れず
皮膚を鍛えていない赤ん坊が、
病弱な子どもに育ってしまうように、
「鍛え」のない人生、「鍛え」のない心に甘んじていては、
本当の「幸福」をつかめるはずがない。

「幸福」は、何ものをも堂々と乗り越えていける
確固たる「自分自身」の胸中にあるからだ。

むしろ、何かで苦労を重ね、
自分を鍛えていけること自体、
幸せなことなのである。

いわんや広布に進む仏道修行は、
自身を「金剛(ダイヤモンド)の幸福」
の当体としてくれる。

人間の身体も、頭脳も、精神も、
鍛えぬくほどに能力が向上し、
より以上の可能性が引き出されていく。

鍛えなければ、すぐに衰え、病気になってしまう。
これは医学的に見ても当然のことであろう。

信心の世界も、労苦や困難に
挑戦また挑戦していって初めて、
絶対に崩れぬ幸福境涯を開いていけるのである。

大聖人は
「難来るを以て安楽と意得可きなり」
(御書750㌻)――難が来たことをもって
安楽と心得るべきである――と仰せである。

“難こそ安楽”“難こそ誉れ”――。
諸難を超えて進む「広宣流布の世界」こそ、
真に偉大な「人間」を育てる大地である。

崩れぬ「幸福」を築く大道である。
御本仏の仰せのままの「正法流布」の王道である。

(Visited 36 times, 1 visits today)

アドセンス広告

,

関連記事

no image

年上だから偉いと思ってるバカヤロー

世の中には、 年上だからといって、 偉ぶる奴がいます。 仕事ができる人や、 人間的に尊敬

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

報恩の人生は美しい。 お世話になった人に恩返しをしていこうという心が、 一番、自分を成長させる。 限

記事を読む

no image

謹賀新年

新年あけましておめでとう御座います。 本年も変わらぬご愛顧のほど、 何卒よろしくお願い申し上げます。

記事を読む

no image

2700万遍達成

日々感謝。 日々挑戦。 今日も臨終只今で頑張るのみ也―

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人間にとって、 信用ほど大切なものはない。 信用こそが最高の財産である。 信用されない

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

子どもたちの成長は、 大人たちの成長にかかっている。 ゆえに、教育とは、 子どもたちのため

記事を読む

no image

2400万遍達成

間違いのない道を、 絶対の確信で真っ直ぐに突き進むのみ也。 今年も思いっきり財務やって、

記事を読む

no image

人と同じ

風当たりのいいこと、 無難なこと、無知な人間に批判されないこと、 そんなことばかりを気にする人が

記事を読む

保護中: バーべっさん!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

記事を読む

no image

株式会社ニッポン放送 村山創太郎社長に学ぶ

どうか現実というものをきちんと受け止め、 その中から、今、自分にできることは何かを考え、 そこで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑