世界的賢人に学ぶ

公開日: 哲学



”解る”ことと”証得”は違う
解ったということと証得したということとは違う。
砂糖は甘いということが解っていても、
砂糖の入らないおしるこは甘くないし、
また、一億円は五千万円の二倍で、一千万円の十倍であり、
百万円の百倍であるということがよく解っても、
解ったというだけではデパートでは何も売ってくれない。
解ったのと持ったのとは違うのだ。
観念論であったり、口に、意に読んだのを
身に読んだと錯覚している場合が多い。
いくら知っていても、
実生活に生かされていないのでは何にもならない。

(Visited 25 times, 1 visits today)

アドセンス広告

関連記事

no image

電通顧問 杉山恒太郎氏に学ぶ

本気はいい。 本気は可能性をくれる。 本気は楽しくなる。 本気の人には、 必ず助けてくれる友が現れる

記事を読む

no image

クオリティー・エレクトロダイナミクス社 藤田浩之CEOに学ぶ

経営者として実感していることは、 リーダーが正しいことを語り、行動していけば、 必ず同じ波長を持

記事を読む

no image

文豪 ユゴーに学ぶ

羅針盤さえあれば 時代の嵐など大したことはない。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

まず計画があり、 それを遂行するために使用する資金を募るのである。 金があって、それから計画

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

大事を成すには、 不抜の「信念」がなければならない。 そして信念は何より、 行動のなかで育まれ、行動

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

いかなる分野にも、“浅深”がある。 人生にあっても同じである。 自分一人のために生きるのか、 より大

記事を読む

no image

ナポレオンの若き日の読書に学ぶ

ヨーロッパをはじめ、インドやエジプト、アメリカ、 ロシア、アフリカなど、世界諸国の歴史や地理。 プラ

記事を読む

no image

楽天社長 三木谷浩史「格言集2」

Never too late. 0.1%の改善の積み重ねが、 成功を生む。 そして、大きなチャンスを

記事を読む

no image

ハワード・シュルツ スターバックスコーヒーCEOに学ぶ

企業は利益や効率を常に求めている。 しかし、私の経験から言えば それを持続できる唯一の方法は、 正し

記事を読む

no image

斎藤一人さんに学ぶ

経営にコツがあれば誰でも我が子に教えるから、 3代目とかでつぶれてしまうということは起こらない。 で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑