恩師に学ぶ

公開日: 社長日記



一人一人が、それぞれの道で
「成功者」になっていただきたい。

「成功者」とは中途半端ではないということである。
自分が決めた道を最後まで貫き通すことである。

そのためには、職場を
「自分を成長させる人間修行の場」
と自覚することである。

「人間修行の場」とは「仏道修行の場」であり、
「信心修行の場」といえる。

そうとらえていけば、一切、文句は消える。

いつもつまらない文句を言っている人間ほど、
哀れなものはない。

戸田先生はよく言っておられた。
「ウソをついたり、人をごまかす、
ずる賢いキツネのような青年にはなるな!」と。

(Visited 18 times, 1 visits today)

アドセンス広告

, , , , , , , , , , , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

自分自身の歴史は 自分自身が創るものだ。 いかなる苦労も いかなる苦難も いかなる戦いも

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

自己の目的と使命に向かって、 挑戦に挑戦を重ねる。 あきらめない。 動く。学び、語る。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

大勢の人に尽くす。 その人がいちばん偉い。 どんな有名人よりも、権力者よりも偉い。 人生の最期に、み

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

破壊は一瞬 建設は死闘 惰性は暗 希望は明 後退は死 前進は生

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

一歩でもよい 半歩でもよい 自らの課題を一つまた一つと仕上げ 己が信念を貫徹しゆくことだ。 そこにこ

記事を読む

no image

ショーペンハウアーに学ぶ

普通の人は時間を潰し、 才能ある人は時を使う。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

波瀾万丈の人生にあって、一人の人間として、 どこまで、揺るがぬ強さを貫けるか。 何があろうと、屈せず

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

歴史を動かし 創っていくのは 一人の英雄ではない 生命をかけて戦う 陰の人なのだ

記事を読む

梅錦山川株式会社 山川浩一郎社長に学ぶ

先立って、 「東京富士美術館」を見学し、 以前、「創価文化センター」にも 足を運んだことが

記事を読む

no image

札幌農学校初代教頭クラーク博士に学ぶ

国が国である根本は人である。 そして、人が人である根本は心である。 人に心があるならば、 どうしてそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑