株式会社有隣堂 松信裕社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社有隣堂 松信裕社長に学ぶ
2003年12月には聖教新聞社を訪問し、
「出版文化の向上と、世界に向けて平和の重要性を発信し続けてきた」
創価学会池田名誉会長に対し、感謝状をお贈りしました。

私が初めて名誉会長にお会いしたのは、
2004年3月のことです。

父に対し、創価大学から「最高栄誉賞」が贈られるという朗報があり、
父はあいにく伏せっていたため、代理で私が出席したのです。
ちょうど創価大学の卒業式でした。

式典に出席する前は、“名誉会長は一体、どんな話をするのだろう。
やはり、日蓮の教義を通して話をされるのだろうか?”
と興味津々でした。

ふたをあけて、ビックリ。
最初から最後まで、「本を読みなさい」、これだったんです。

ナイチンゲールや魯迅、ゲーテ、カレルギーといった
世界的偉人の箴言を、巣立ち行く学生に、餞として贈っておられたのです。

かつて、ある大学の総長が、卒業式で、
“社会に出たら小さな親切を”とあいさつし、
話題になったことがありました。

学問の世界に浸っていた学生にとっては大切な指針なのでしょうが、
私は、少しスケールが小さいんじゃないかと感じました。

名誉会長は卒業生に語っていました。
“君たちは何のために学んだか。答えは明確です
「人民のため」です。大学に行けなかった「庶民のため」です。
世界の「民衆のため」なのです
・・・・皆さんは、正義に生き、不正や虚偽を打ち破る
偉大なリーダーになっていただきたい”と。

これには、まいりました。
知識や学問を、自分を飾るアクセサリーにしたり、
人を攻撃する武器にしたりする人が多いなか、
名誉会長は、庶民のため、世界のため、平和のために学ぶんだ、
と語られたのです。

話のスケールが違う。覇気が違う。志が違う。格調高い。
あんなに驚いたのは、久しぶりでした。

「創価学会、池田名誉会長の存在は必ず日本のためになる」
という父の予見は正しかったと確信しました。

現在、名誉会長の著作は、あらゆる言語に翻訳され、
世界中で読まれていると伺いました。
本当に素晴らしいことです。

アドセンス広告

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

女優 柴田理恵さんに学ぶ

描いていた理想と自分の実力とのギャップを前に、 “自分には向いていないんじゃないか”と、 ど

記事を読む

no image

2100万遍達成

本日達成です。 日々の努力、挑戦。 それしか道を開く方法はない。 あきらめずに一歩一歩。 確実に前へ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

ほんとうの自信には、 深い用心がともなっているものだ。 その用心があるところに成長がある。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

悪いことは ぜんぶ自分が責任をもつ。 よいことは ぜんぶ同志の手柄にしてあげることだ。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

同志を裏切り、 自己を裏切って転向した人は、 一時は、時流にうまく乗って栄えたとしても、

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

“やってみます”ではなく、 やるのです。 “やってみます”は 意気地なしですよ。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

一歩でもよい 半歩でもよい 自らの課題を一つまた一つと仕上げ 己が信念を貫徹しゆくことだ。 そこにこ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

「地方」とは、その土地の 無数の宝がちりばめられて輝く、 「地宝」ともいえようか。 わが郷土が宝土で

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

書くということは、 いろいろな意味で最大の教育である。 書こうと思えば悩むし、 実力がつく

記事を読む

no image

不義理で落ち込む

先日、落ち込んでいた子がいました。 なんでも、相手のために応援し色々と尽くしたのに、 連絡が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑