恩師に学ぶ

公開日: 社長日記



ねばり強い革命児になってもらいたい。
ねばりがなければ革命はできない。
なにか試練があったら、
すぐ腰がくだけてしまうのでは
革命を遂行することはできない。
いざ!というときには、
だれも助けてくれない。
一人で歯を食いしばって
突破口を切り開いていくしかない。
世の中は過酷なものとしるべきである。

(Visited 10 times, 1 visits today)

アドセンス広告

関連記事

no image

恩師に学ぶ

粘り強く、20年、30年、 50年先を目指して戦っていく人が本物です。 自分が住んでいるところが 一

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

自信をもちなさい。 人にどう見られるかではない。 自分がどれだけ相手のために真剣か、 これが大事なの

記事を読む

株式会社バスクリン 古賀和則社長に学ぶ

私のモットーは 「やってできないことは何もない!」 です。 “自分にはできないかな?”

記事を読む

株式会社有隣堂 松信裕社長に学ぶ

2003年12月には聖教新聞社を訪問し、 「出版文化の向上と、世界に向けて平和の重要性を発信し

記事を読む

no image

株式会社ヤマダ電機 山田昇社長に学ぶ

今、日本に求められているのは、 自分自身の生き方を見つめ直す 「生きる手本」ではないでしょうか。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

初代会長の牧口常三郎先生は 三つの目的について語っている。 「千メートル競争のついでに百メー

記事を読む

no image

国会議員報酬ランキング2010

おはようございます^^ 今日も暑いですね。 辛いカレーでも食べて元気にいきたいところです。 さて、衆

記事を読む

no image

2100万遍達成

本日達成です。 日々の努力、挑戦。 それしか道を開く方法はない。 あきらめずに一歩一歩。 確実に前へ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

勇んで労苦を引き受け、 友と同苦し、 人びとに、社会に、 奉仕しゆく人生であれ。 大きく悩んだ分、

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

愚人にほめられたるは第一のはじなり。 愚人ににくまれたるは第一の光栄なり。 認識せずして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑