だらしない会社や人をどうしたらいいのか?

公開日: ビジネス



だらしない会社や人をどうしたらいいのか?
世の中には、だらしない人がいます。
それも結構な数います(笑)

だらしない会社も多く存在します。
だらしない人が上に立っている企業は、
結局、会社もだらしなくなってしまう。

しかし例外なくそういう企業の未来はありません。
必ず潰れます。

適当な人もいますが、
嘘をついたり約束がルーズだったり、
そもそも言ってる事が違ったり、
誰かの迷惑になったり、というのは適当とは違います。

ただの大嘘つきのバカヤローです。
クソヤローですね。

私は基本的にはルーズな人間と仕事はしません。
目先の小銭稼ぎも大事ですが、
適当な人間と仕事をすると、後々もっと大変になります。
これは痛い目にあってみないとわからないかもしれません。

だらしない人というのは、
それだけ誰かに迷惑をかけているということです。

嘘をついたり、約束を破るなんてことは日常茶飯事、
誰かに迷惑をかけていることすらわかっていない。

それでも一時的によく見える人はいます。
しかし、お金や地位だけでは必ず潰れます。
これは面白い原理ですので知っておいたほうがいいです。

基本的にだらしない人とビジネスする必要はない。
ただし、どうしても目先の売上が欲しい場合もある。
そういう場合にどうすればいいのか?

簡単です。
はじめにルールを徹底することです。
だらしない人や会社と付き合うことになるのに、
ルールすら適当にしてしまうと、大変なことになります。

確実にこちらが有利になるルールを最初につくることです。
絶対になにがあってもこちらが勝つルールです。

くだらない企業や人に翻弄されても仕方がないですよ。

それと、どんなどうしようもない相手にでも、
こちらはメリットを与え続ければいいのです。

やられたからやり返す、では、
戦争です。
これではこちらの繁栄もありません。

こちらが栄えていくためには、
相手にどれだけ尽くしていけるかです。
たとえ相手がどんなに酷いことをしてきてもです。
そういう人は必ず成功します。

そもそもそういう相手と、
理由はどうあれ好きで付き合っているのは自分です。

いやならきればいいだけだ。
相手に尽くす。とにかく尽くす。
これは私の尊敬する浜口直太さんから教えて頂いたことです。

相手に尽くしぬく人、
そういう人がなぜ成功するのか?
次回お話ししましょう。

アドセンス広告

関連記事

no image

大関工務店 大関社長に学ぶ

もっと家族ぐるみで付き合える仲間をつくること。 もっともっとプロとしての経験を積むこと。 貴重なお時

記事を読む

no image

投資の世界と騙されない知識

もう10年以上も前の映画ですが、 投資の世界で働きたいという方向けです。 マネー・ゲーム 株価大暴落

記事を読む

ブログ移管について

先日、3年以上書き続けたアメブロから引越しをしました。 理由としては、 度重なる記事

記事を読む

no image

数字で出す

誰であろうと、一度でも悪ければ次はない。 たまたま入ったお店の料理がまずければ、 次も行こうとは絶対

記事を読む

no image

倒産する夢

セブン&アイ・ホールディングス創業者の、 伊藤雅俊名誉会長は、ご自身がトップとして指揮をとっていた

記事を読む

元ゴールマン・サックス執行役員が語る「軽減税率」とは

若くしてゴールドマン・サックス証券の、 執行役員として活躍した岡本三成議員が、 軽減税率につ

記事を読む

500万のルール

新年明けましておめでとう御座います。 謹んで新年のお慶びを申し上げます。 本年もより

記事を読む

no image

条件よりも人を選んで仕事をせよ

先日、株式会社スタジオジブリの星野康二社長の インタビュー記事を月刊誌で読みました。 当時ウォルトデ

記事を読む

no image

株式会社主婦と生活社 髙納勝寿社長に学ぶ

夢を実現するには、努力は欠かせません。 どんなに多忙を極めても、 思い描いていた夢を忘れず、 努力す

記事を読む

1万円を10万円にもできない奴が500万円を借りる

人間は順番を間違える生き物です。 世の中おもしろいもので、 1万円を10万円にすら増やし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑