だらしない会社や人をどうしたらいいのか?

公開日: ビジネス



だらしない会社や人をどうしたらいいのか?
世の中には、だらしない人がいます。
それも結構な数います(笑)

だらしない会社も多く存在します。
だらしない人が上に立っている企業は、
結局、会社もだらしなくなってしまう。

しかし例外なくそういう企業の未来はありません。
必ず潰れます。

適当な人もいますが、
嘘をついたり約束がルーズだったり、
そもそも言ってる事が違ったり、
誰かの迷惑になったり、というのは適当とは違います。

ただの大嘘つきのバカヤローです。
クソヤローですね。

私は基本的にはルーズな人間と仕事はしません。
目先の小銭稼ぎも大事ですが、
適当な人間と仕事をすると、後々もっと大変になります。
これは痛い目にあってみないとわからないかもしれません。

だらしない人というのは、
それだけ誰かに迷惑をかけているということです。

嘘をついたり、約束を破るなんてことは日常茶飯事、
誰かに迷惑をかけていることすらわかっていない。

それでも一時的によく見える人はいます。
しかし、お金や地位だけでは必ず潰れます。
これは面白い原理ですので知っておいたほうがいいです。

基本的にだらしない人とビジネスする必要はない。
ただし、どうしても目先の売上が欲しい場合もある。
そういう場合にどうすればいいのか?

簡単です。
はじめにルールを徹底することです。
だらしない人や会社と付き合うことになるのに、
ルールすら適当にしてしまうと、大変なことになります。

確実にこちらが有利になるルールを最初につくることです。
絶対になにがあってもこちらが勝つルールです。

くだらない企業や人に翻弄されても仕方がないですよ。

それと、どんなどうしようもない相手にでも、
こちらはメリットを与え続ければいいのです。

やられたからやり返す、では、
戦争です。
これではこちらの繁栄もありません。

こちらが栄えていくためには、
相手にどれだけ尽くしていけるかです。
たとえ相手がどんなに酷いことをしてきてもです。
そういう人は必ず成功します。

そもそもそういう相手と、
理由はどうあれ好きで付き合っているのは自分です。

いやならきればいいだけだ。
相手に尽くす。とにかく尽くす。
これは私の尊敬する浜口直太さんから教えて頂いたことです。

相手に尽くしぬく人、
そういう人がなぜ成功するのか?
次回お話ししましょう。

アドセンス広告

関連記事

7期目の御礼

本日iは晴れて7期目を迎える事ができました。 心から感謝、感謝、 本当に感謝しかありませ

記事を読む

no image

優秀な経営者が優秀な後継者をつくれない理由

経営者として優秀な人は多い。 圧倒的な業績でとんでもない利益を出している人。 結構います。 しかしそ

記事を読む

no image

文豪トルストイに学ぶ

勝つと確信している者が 戦いに勝つ

記事を読む

no image

シアソン・リーマン・ハットン証券 マーティン・シャフィロフに学ぶ

一人一人が自分をどう思っているかが肝心である。 とても価値のある人間だと思えば、 相手もVIP扱いし

記事を読む

no image

無駄な数値化

大きな企業になればなるほど陥りがちなこと、 それがデータ収集、無駄な数値化です。 大きな会社

記事を読む

no image

アイツにだけは勝てないな

どうやってもアイツにだけは勝てないとか、 どう頑張ってもあそこにはたどり着けないとか、 思うこと

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

一流は、皆、迅速だ。 一流は、賢い人生観を持っている。 スピードが勝負だ。 あいさつにしても、 御礼

記事を読む

no image

信頼

どんな業界でも同じだと思いますが、 おかしな連中はいます。 連日、テレビや新聞・ニュース等で

記事を読む

no image

社長がワガママだったから

会社を辞めて起業した人がいました。 私は聞きました。 どうして会社を辞めたのですか?と。

記事を読む

no image

最強のチーム

弊社では事業拡大に伴い、 やる気ある社員を募集しています。 やる気があって気合が入ってる人限定です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑