株式会社岩手日報社 東根千万億社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社岩手日報社 東根千万億社長に学ぶ
だからこそ私は、
池田名誉会長(創価学会)が詠まれた長編詩
「みちのくの幸の光彩」に万感の思いを致すのです。

一部を紹介します。
「(かつて東北は)支配・征服の野望の徒の
冷たいまなざしを浴び続けた 凶暴な牙と戦い続けた
苛政の重圧に呻吟し続けた だが だが――
闇が深いほど 暁は近い 潮が引き果つれば
必ず満つ そは 常の道理なり
その道理は 東北史の未来を照らす鏡ならん
幾千万の無告の民の 慟哭の声を飲みこんできた
虐げられし東北の民衆史 なればこそ……
みちのくの君たち あなたたちこそ
主役でなければならない 王座に遇されて当然なのだ」

名誉会長は、東北の歴史を、東北の悲しみを、
誰よりも深く深く理解してくださっておられる。
そのことに、私は心からの敬意を表するのです。

株式会社岩手日報社 東根千万億社長に学ぶ
しかも名誉会長は、こうした東北の歴史は、
“必ず未来を照らす鏡となる”
と呼びかけてくださった。

東北に生きる私たちへの何と力強い、
希望あふれる指標でしょうか。
名誉会長の言葉は、単なる励ましではなく、
そこには深い洞察と哲学があると、私は確信しています。

「価値創造」といえば、
「創価学会」の「創価」は
「価値創造」という意味だそうですね。

しかも、知識は善の働きもするし、悪にもなる。
その知識を、善なる知恵に変えるには、
深い哲学が必要である、そう洞察されて、
牧口初代会長は、信仰の道に入られたと伺いました。


今でこそ、多くの知識人が、
「価値創造」の時代と訴えていますが、
牧口初代会長は、今から85年も前から提唱されていました。

その予知力というか、未来を見通す力、
先見性は、すごいの一言です。

日本の、いや、人類の進むべき道を
指標されておられたことには驚嘆します。

これはお世辞でも何でもありません。
心からの感想です。

冒頭にも紹介しましたが、
名誉会長は、「みちのくの幸の光彩」の最後を
こんな言葉で締めくくっています。


「いま 世界の人々が
東北を見つめている 東北にあこがれている
東北には 真の『平和』がある
真の『人間』がいる 真の厚き『友情』があると
東北の発展を 世界の人々が祈っている」と。

20年近く前に詠まれた長編詩ですが、
今、読み返しても、その通りの時代を
迎えているように思えてなりません。

岩手日報社の社長として、
東北人として、新聞人として、
何より一人の人間として、
世界中の方々に恩返しができるよう、
全力で働いていくつもりです。

アドセンス広告

, , , , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

子どもたちの成長は、 大人たちの成長にかかっている。 ゆえに、教育とは、 子どもたちのため

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

苦労して土台をつくるべき青春期に、 努力し、苦労しなければ、 勝利の黄金の建設はできない。

記事を読む

no image

「洋服の青山」がラーメン、焼き肉事業を開始

こんにちは^^ いよいよ夏本番ですね! 熱中症になってしまう前に、しっかりと対策をしましょう! 事前

記事を読む

恩師に学ぶ

人生の「喜び」というものは、 安逸の中にあるのではない。 なすべきことに 前向きに取り

記事を読む

no image

世界的賢人に学ぶ

近視眼的、遠視眼的であってはならない。 正視眼的でなければならない。 例えば徳川幕府を倒した志士たち

記事を読む

no image

名字の言に学ぶ

過去の「いい時」を振り返るのは甘美なもの。 苦境の時は、なおさらだ。 しかし、「月月・日々につより給

記事を読む

恩師に学ぶ

今日も「なすべきこと」を 厳然となせ! そのたゆみなき 積み重ねによってのみ 「勝利

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

うぬぼれや慢心から堕落が始まる。 「自分はまだまだ、これからだ!」 「もっともっと高みを目指すんだ!

記事を読む

平田牧場グループ 新田嘉一会長に学ぶ

思えば、私がやろうとすることに、 悉く反対した父でした。 何一つ、手助けをしてくれなかった。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

若い時に安逸を貪り、 苦労しないのは、不幸な青春である。 自分では自由なつもりでいて、 結

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑