株式会社毎日広告社 関口英明社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社毎日広告社 関口英明社長に学ぶ
世間でも広く紹介されている
トインビー博士の名言にも心打たれました。

博士の知性に触れた途端、
周囲で起きていることが、
小さなことに見えて仕方なかった。

そのトインビー博士と
池田名誉会長(創価学会)は対談されました。

今や世界の国家指導者、識者の愛読書となり、
「人類の教科書」と讃えられていることは、
皆さん、よくご存知の通りです。

いかなる権力にも屈することなく、
正義の論陣を張る――これこそ新聞社を貫く
背骨でなければならないのではないでしょうか。

株式会社毎日広告社 関口英明社長に学ぶ
その言論戦の最前線で、最も苦労されているのが、
配達員(聖教新聞)の方々です。

その方たちを、池田名誉会長は、
「無冠の友」と讃え、最大に尊重し、
大切にされています。

この名誉会長の心にお応えしたい、
そうした発露から寄贈されたと思います。
(聖教新聞社へ「無冠の友」のブロンズ像を寄贈)

池田名誉会長は、徹して
「現場の人」を大事にされる方であり、
もっといえば、ものすごく「記憶力」が
いいという印象を持っています。

かつて名誉会長は、
毎日新聞の社長と懇談してくださり、
私も随行しました。

名誉会長は、同行しただけの私にまで
握手をしてくださり、別の社員に対しては
「本当にお世話になってますね」と
激励してくださったのです。

どうして一社員の働きぶりを
名誉会長はご存知だったのか、
驚きました。

株式会社毎日広告社 関口英明社長に学ぶ
振り返れば、私どもは創価学会、名誉会長には、
昔から大変にお世話になってきました。

聖教新聞を印刷させていただいているのも、
弊社系列の「東日印刷」です。

もっといえば、1929年(昭和4年)。
牧口初代会長と親交があった新渡戸稲造博士を、
毎日新聞社は、顧問として招へいしています。

新渡戸博士は、創価学会創立の淵源となった
『創価教育学体系』の発刊の折に、
序文を寄せたことでも有名です。

ともあれ、創価学会、名誉会長に対するイメージは、
「平和」「温かさ」「寛容」「包容力」です。

これまでいろんな方とお付き合いさせていただきましたが、
その思いは全く変わりません。

これからも末永く、お付き合いさせていただきたいと、
切に願っておりますし、決して疎かにできない
仕事をさせていただいているという、
プレッシャーも感じています。

青年の皆さんには、
「書を読もう、町へ出よう」
とお伝えしたい。

私の言葉が、たとえ一人でもいい、
誰かの心の中に残ってくれれば、
これ以上の喜びはありません。

アドセンス広告

, , , , , , ,

関連記事

no image

GREEさんの説明会に参加しました

六本木ヒルズのグリーさんへ行って参りました。 ヒルズ、そびえたっています(笑)間近でみると本当に

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

気がねをしながら生きる青年でありたくない。 自身の生命力、自己の責任をもった、 信念の行

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

師弟の道こそ、正しい人生を まっとうするための要諦である。 師弟の道を見失い、自己の原点をなくした場

記事を読む

グラスゴー大学に学ぶ

創立564年を誇るグラスゴー大学からの 池田大作SGI会長への名誉博士号授与式。 1994年

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

夢を育てるものは、努力です。 努力すればするほど、夢は大きくなる。 「夢」という生きものは、 「努力

記事を読む

パナソニック株式会社 髙見和徳副社長に学ぶ

創業者は、皆さん、ご承知の通り、 松下幸之助です。 池田大作SGI会長と何度も対談され、

記事を読む

中大印刷の創業者 呉恵容さんに学ぶ

SGI(創価学会インタナショナル)の活動でも、 支部副婦人部長として第一線を走り抜いてきました

記事を読む

no image

ワンガリ・マータイ博士に学ぶ

「未来」は「今」にある。 将来、実現したい何かがあるなら、 今、そのために行動しなければならない。

記事を読む

新宿でイタリアン

お世話になっているご夫妻に、 美味しいイタリアンをご馳走になりました。 あれ、フレンチだった

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

桜梅桃李と自分らしく 光り輝いていくことだ。 信心を貫き通していくならば、 人が真似ること

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑