草創の大先輩に学ぶ

公開日: 社長日記



名声=幸福ではない。
ある人が、非常に優れた発明を成し遂げたり、
または名声を博したりしたとする。
それによって社会的にも高い評価を受け、
名声は世界的にまでなるかもしれない。
ところが、本人は果たして幸福を勝ちえたかとなると、
かならずしもイコールでは結びつかないのが現実である。
むしろ有名をはせたことで行動が制約されたり、
家族を幸福にしたりはできず不幸を感じている人も
いるからである。

(Visited 23 times, 1 visits today)

アドセンス広告

関連記事

no image

恩師に学ぶ

初代会長の牧口常三郎先生は 三つの目的について語っている。 「千メートル競争のついでに百メー

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

勉強しなくてはいけない。 本気になって勉強をしていきなさい。 実がなくてはいけない。 そうでないと格

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

断じて勝つと決めて、 祈り、行動する人が、 最後は必ず勝つ。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

“大胆不敵” これこそ青年の特権である。 開拓者の魂である。 臆病であってはならない。 弱気な神経質

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

正しき行動の人は、 たとえ無認識な人から軽蔑され、非難されようとも、 必ず、その偉大さが証明され

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

たとえ、 梅雨空が太陽を覆い隠そうが、 吹き荒れる嵐の夜であろうが、 わが母の笑顔がある限り、 私た

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

他人を教育することは易しい。 自己自身を教育することは難しい。 生涯、確たる軌道に乗りな

記事を読む

no image

株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ

かつて、『私の履歴書』という著作を読みましたが、 当時、池田名誉会長(創価学会)は40代です。

記事を読む

no image

草創の大先輩に学ぶ

感謝を忘れてはならない。 自分にはさっぱり良いことがない という人がいる。 そういう人は良いことがあ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

苦難の夜を超えれば、 晴れわたる朝が来る。 試練の風雪を耐え抜いてこそ、 栄光の太陽は輝き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑