忙しい人、時間がない人がずっと変われない理由

公開日: 社長日記



忙しい人、時間がない人がずっと変われない理由
常に問われるのは、
目的です。

いったい何がしたいのか?
なんのために行動をしているのか?

これがわからないから、
忙しい、時間がない、
結果、思うようにいかない。

自分は朝から晩まで、
家族のために必死で働いて働いて、
死ぬほど頑張っているんです。
でも評価されない、夢が叶わない・・・
そう涙ながらに語る人がいます。

朝から晩まで頑張る、
素晴らしいことです。
人間、頑張れなければ終わりです。
ぐうたらななまけものには魅力がないからです。

でも頑張っているだけでは、
ずっと忙しいのは変わりません。
時間はずっとないままなのです。

ではどうすればいいのかというと、
目的をしっかりと再認識すべきなのです。

本来どうありたいのか?
もっと自分の時間が欲しいとか、
もっと家族と過ごす時間を増やしたいとか、
それでいて今の2倍以上の稼ぎが欲しいとか、
色々あるわけですよね。

でも、
目先の金とか売上とか、
資格とか評価とか、
そういう事ばかりにしか目がいかないと、
本来優先すべきものがわからずに、
目先の事ばかりをやってしまうのです。

結果、忙しいまま。
時間がないまま。
魅力もないまま。
夢もかなわないまま。

という結果になってしまう。

ではどうすればいいのか?

例えば、
月収50万円と家族団らんが欲しいとします。
しかし、現状は月収40万円。
家族団らんは週1で取れるかどうか。

この場合には、
+月10万円と週にもう1、2日は休みがほしいわけです。
しかし仕事は週6で毎日12時間勤務以上。
これからさらに忙しくなる予定もある。

さあこういった場合に、
どういう行動を取るのか?

忙しいからこそ、
やったほうがいい事というのがあります。
それは理想や夢を手に入れるためには必要不可欠です。

これは、人それぞれ、
多少の違いはあっても基本的には同じ事です。

成功している人、
理想を手に入れている人は、
この法則がわかっています。

わからない人は、
いつまで経っても、忙しいまま、
時間がないまま毎日必死で時間を消費して生きています。

要は、
時間を何に使えばいいのか?
という問題なのです。

さらに仕事に使うのか、
別の事に使うのか、
もっと効率をあげるために使うのか、
目的を果たすために使うのか。

この選択肢で、
目的感が試されるのです。

特に、
ビジネスや人生に命懸けで生きていれば、
ここぞという勝負時がよくあります。

死ぬほど忙しい時や、
どうにもならないような時です。

そういう時に、
何に時間を使うのか?

そういう大変な時だからこそ、
大目的感に立った行動を取ることで、
結果、自分の小さな問題など解決できてしまうのです。

いいですか、
自分の問題って、
ほんと大したことありません。

いやいや、俺の問題は大変だよ、
そう言いたいかもしれないけど、
ほんと大したことねーから。

人間の悩みなんて、
生老病死しかないからね。
そこに人間関係があって、
いろんな感情があって問題になるだけだ。

だからこそ、
本当に大変なとき、
忙しくてどうしようもない時に、
いかに自分のことを置いて行動ができるか、
いかに違う行動を取れるかどうか。

ここに、一生忙しい人と、
歳とともに大境涯になっていく人との違いがある。

歳とってヨボヨボになってるのに、
毎日忙しくて人生本当に大変だという人は多いです。

かと思えば、
同じヨボヨボでも、
なんの後悔もなく、
なんの不自由もなく、
好きなものはすべて手に入れて、
大境涯を築いて後輩の指導に余生を使う人もいます。

自分の人生どっちがいいか考えれば、
いま、何に時間を使うべきなのかがわかると思います。

忙しくて何もできないとか、
時間がなくてちょっと無理とか、
そういう人は色んなチャンスを逃してるんですよ。

大きなものもあれば小さなものもあるけれど、
本当に大きく変われるチャンスを逃してる場合がある。

大変な時こそ、
大きく変われるチャンスだということ。
大変って、大きく変わるってことだからね。

辛いってことと同じ意味としてとらえても、
人生損するだけです。

よかれと思って勧めても、
なかなか伝わらないときは、
本当にかわいそうだなと思います。

もったいないなーと思います。
忙しいから、時間がないから、
いま大変な時だから・・・・

だからこそ、
大きく変われるチャンスなんだよ。
大きく夢をつかめるチャンスなのに。
目先の金とか仕事とか、
そんなチンケなことばっかやってても、
未来は想像できちゃうよね。

大体ああいう風になって、っていう。
ほんともったいない。

もっともっと、
自分が思い描いた通りの、
もっともっと想像もつかなったような、
大境涯が開けるチャンスなのに。

忙しいとか時間がないとか大変だとか、
言わない方が絶対に得です。

そして、
何に時間を使えばいいのか?
知りたい方はいつでもご連絡下さい。

人生を変えたい方、
ご参考いただければ幸いです。

アドセンス広告

, , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

巨匠ゴッホの描いたヒマワリの名画に 「感謝」という意義が込められていたことは、 示唆的です。 感謝を

記事を読む

no image

もっともっと学ぶこと

最近、勉強が足りないなとあらためて思う。 足りない。これではダメだ。 うまくいっている時も、 うまく

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

よく人が自分を理解してくれないという人がいるが、 理解してくれなければ、理解してくれるようにするの

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

絶対に人を待たせてはいけない。 来る時間がわかっていたら、 待っていて、出迎えるんだ。 人を待たせて

記事を読む

no image

名字の言に学ぶ

看護師の友が語っていた。 大病を乗り越える人の共通点は― ①絶対に生き抜くとの強い決意がある ②感謝

記事を読む

no image

四十まで苦労しなさい

最近、恩師の本を読み直しています。 10代、20代、私は走り続けてきました。 30代の今、こ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

仏法では、 「人のために火をともせば、 我がまへあきらかなるがごとし」 という譬えがある。 自分だけ

記事を読む

2018年も決意新たに❗

過去最高の栄光の一年に~👊(^^)🎵

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

悩みが競い起こるということは、 結局、諸君たちの年代に人生の基盤が築かれる ということを意味する

記事を読む

株式会社バスクリン 古賀和則社長に学ぶ

私のモットーは 「やってできないことは何もない!」 です。 “自分にはできないかな?”

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑