株式会社バスクリン 古賀和則社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社バスクリン 古賀和則社長に学ぶ
創価大学で一番、打ち込んだことは、
「パイオニア吹奏楽団」です。
私はホルンを担当しました。

私は3期生なのですが、
大学建設のため、部の伝統を築くため、奔走しました。
現在、OBは500人ほどいるのですが、
そのOB会の会長を務めています。

後悔していることは、全く勉強しなかったことです(笑い)。
よく卒業できたなと自分でも思います。
まあ、牧歌的な時代でしたから、
先生方も大目に見てくださったんでしょう。

よかったことは、創立者(池田大作創価学会名誉会長)を
知ることができたことです。

大学に行くまでは名前しか知らなかったですからね。
創価大学へ進んだのも、パンフレットに載っていた
「ブロンズ像」を見て、“かっこいいなぁ”と思ったことがきっかけですから。

振り返れば、創立者は授業参観にこられたり、
学生と将棋を指されたり、滝山祭の時は、
血豆がつぶれても、なお太鼓を叩き続けてくださいました。

「君たちが喜ぶためなら、どんなことでもさせてもらうよ」
――そんな慈愛というか、情熱というか、
五体から発する熱い思いが、びんびん伝わってきて……。
そのたびに目頭が熱くなりました。

社会的な立場や肩書、嘘などが入り込む余地のない、
「心」と「心」が触れ合う世界でした。

創立者は、素のまま、ありのままで、
学生一人一人に体当たりでぶつかっておられました。
今、思えば、夢のような時間と空間を
共有させていただいたんだなぁと、感慨深いです。

(Visited 10 times, 1 visits today)

アドセンス広告

, , , , , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

ほんとうの勇気というものは、 アメリカへ“いかだ”でいったとか、 世界一周したとか、そういうもの

記事を読む

恩師に学ぶ

全部、中心者の一念が大事なんです。 リーダーというのは、良いことがあったら 『全部、皆さ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

なんでも聞こう、学ぼう。 友人を広げよう― こういう姿勢の人は、 自身の可能性を大きく伸ば

記事を読む

木下サーカス株式会社 木下唯志社長に学ぶ

挑戦する勇気といえば、 わが団に創価大学出身の 空中ブランコのフライヤーがいます。 何

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人は困難に負けるのではない。 闘魂を失うことによって、自らに敗れるのだ。 打ち倒され、地に伏しても、

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

まず、誠実な対話で 一人の友をつくることだ。 その一人の先に、 二人、三人、さらに十人、 ひいては千

記事を読む

no image

ルソーのエミールに学ぶ

勇気なくして幸福はありえず、 戦いなくして特はありえない。

記事を読む

no image

マハトマ・ガンジーに学ぶ

世界のいろいろな問題で、 婦人たちがますます重要な役割を果たしているのを、 わたしは知っています。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

臆病な連中にいてもらう必要はない。 臆病者はじゃまになる。 大事なのは勇気である。 意気地

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

あの人が、こうしてくれればよいのだとか、 この世の中がこうであればしあわせなのだといって、 他人に生

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑