株式会社バスクリン 古賀和則社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社バスクリン 古賀和則社長に学ぶ
創価大学で一番、打ち込んだことは、
「パイオニア吹奏楽団」です。
私はホルンを担当しました。

私は3期生なのですが、
大学建設のため、部の伝統を築くため、奔走しました。
現在、OBは500人ほどいるのですが、
そのOB会の会長を務めています。

後悔していることは、全く勉強しなかったことです(笑い)。
よく卒業できたなと自分でも思います。
まあ、牧歌的な時代でしたから、
先生方も大目に見てくださったんでしょう。

よかったことは、創立者(池田大作創価学会名誉会長)を
知ることができたことです。

大学に行くまでは名前しか知らなかったですからね。
創価大学へ進んだのも、パンフレットに載っていた
「ブロンズ像」を見て、“かっこいいなぁ”と思ったことがきっかけですから。

振り返れば、創立者は授業参観にこられたり、
学生と将棋を指されたり、滝山祭の時は、
血豆がつぶれても、なお太鼓を叩き続けてくださいました。

「君たちが喜ぶためなら、どんなことでもさせてもらうよ」
――そんな慈愛というか、情熱というか、
五体から発する熱い思いが、びんびん伝わってきて……。
そのたびに目頭が熱くなりました。

社会的な立場や肩書、嘘などが入り込む余地のない、
「心」と「心」が触れ合う世界でした。

創立者は、素のまま、ありのままで、
学生一人一人に体当たりでぶつかっておられました。
今、思えば、夢のような時間と空間を
共有させていただいたんだなぁと、感慨深いです。

(Visited 49 times, 1 visits today)

アドセンス広告

, , , , , , ,

関連記事

no image

2200万遍達成

2200万遍達成です。 一歩一歩、一つ一つ。 確実に前に進んでいこう。 絶対に諦めずに前に進み続ける

記事を読む

no image

スペインの大建築家ガウディに学ぶ

絶え間なく 積み重ねを続けなければならない。 注がれた努力はすべて、 最終結果に反映される。

記事を読む

no image

フィリピン アクラン大学アバヨン学長に学ぶ

ひとたび決めた道は、 必ず達成してみせると決めて進むのみです。 もし心がひるんだり、ゆれたり

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

祈り― それは、あきらめない勇気だ。 自分には無理だと、 うなだれる惰弱さを叩き出す戦いだ。 “現状

記事を読む

スピードと無駄の多さと時間の大切さと成功法則

成功できない人も組織も重要にしていないこと、 それが時間の使い方です。 もうずっと昔からこの

記事を読む

恩師に学ぶ

「学び」は、 自分自身との戦いだ。 「力」は、 苦闘の果てに勝ち取るものだ。 そ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

何不自由ない家庭環境での勉強よりも、 便所の中、 電車の中、 大変な中で学んだ方が、 本当に血肉とな

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

自信をもちなさい。 人にどう見られるかではない。 自分がどれだけ相手のために真剣か、 これが大事なの

記事を読む

no image

正義というのは

どんなに敵があっても、 どんな困難が立ちはだかろうとも、 正しいと思うことをやり抜くことだ。

記事を読む

no image

行動こそが全て

おはようございます^^ 週末は暑かったですね。いよいよ梅雨明けしたとのニュースも報じられていました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑