株式会社バスクリン 古賀和則社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社バスクリン 古賀和則社長に学ぶ
創価大学で一番、打ち込んだことは、
「パイオニア吹奏楽団」です。
私はホルンを担当しました。

私は3期生なのですが、
大学建設のため、部の伝統を築くため、奔走しました。
現在、OBは500人ほどいるのですが、
そのOB会の会長を務めています。

後悔していることは、全く勉強しなかったことです(笑い)。
よく卒業できたなと自分でも思います。
まあ、牧歌的な時代でしたから、
先生方も大目に見てくださったんでしょう。

よかったことは、創立者(池田大作創価学会名誉会長)を
知ることができたことです。

大学に行くまでは名前しか知らなかったですからね。
創価大学へ進んだのも、パンフレットに載っていた
「ブロンズ像」を見て、“かっこいいなぁ”と思ったことがきっかけですから。

振り返れば、創立者は授業参観にこられたり、
学生と将棋を指されたり、滝山祭の時は、
血豆がつぶれても、なお太鼓を叩き続けてくださいました。

「君たちが喜ぶためなら、どんなことでもさせてもらうよ」
――そんな慈愛というか、情熱というか、
五体から発する熱い思いが、びんびん伝わってきて……。
そのたびに目頭が熱くなりました。

社会的な立場や肩書、嘘などが入り込む余地のない、
「心」と「心」が触れ合う世界でした。

創立者は、素のまま、ありのままで、
学生一人一人に体当たりでぶつかっておられました。
今、思えば、夢のような時間と空間を
共有させていただいたんだなぁと、感慨深いです。

(Visited 33 times, 1 visits today)

アドセンス広告

, , , , , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

社会で勝ち、生活で勝つことだ。 地域や職場でも、 模範の存在になってもらいたい。 現実の仕事は、智慧

記事を読む

株式会社毎日広告社 関口英明社長に学ぶ

世間でも広く紹介されている トインビー博士の名言にも心打たれました。 博士の知性に触れた

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人と人との関わり合いの中で 生命は躍動し力を増す。 目の前の一人を 徹して大切に。

記事を読む

サンエス技研株式会社 山下勇名誉会長に学ぶ

お客さまをお迎えする姿勢というのは、 全部、創価学会本部、聖教新聞社から学んだことですよ。

記事を読む

キューバ共和国 カストロ前議長と池田SGI会長

会見場の扉が開いた。 キューバ側の同席者や取材陣が目を見張った。 カストロ国家評

記事を読む

総東京創価青年大会

週末は両国国技館で行われた創価青年大会に行ってきました。 詳細は↓ 総東京が4万人の青年

記事を読む

no image

無実の罪で逮捕投獄された世界的賢人に学ぶ

最初は、 いつ牢獄から出られるかを問題にして、 あくせくしていたが、 やがて、 一生出られないと分か

記事を読む

no image

アーノルド・J・トインビー博士に学ぶ

忍耐強くあれ

記事を読む

女優・タレント 久本雅美さんに学ぶ

“人からほめられたい” “周りから認められたい”。 そんな悩みを持っている方は多いと思います

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

急所を把握した上で、人生を歩み、 社会生活をおくりたいものである。 急所を知らずに、努力しても、 空

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑