ヘアメーキャップアーティスト CHIKAさんに学ぶ

公開日: 社長日記



ヘアメーキャップアーティスト CHIKAさんに学ぶ
私は、22歳で入会しました。
“絶対に一流になってやるんだ”って思っていた時だった。
だけど、その後、約7年間は、一番、苦難の時だったんだ。

結果が出ず、収入も良くない中、家族を養い、
さらに、スタイリストとして服も買わなきゃいけない……。
経済苦で悩みのどん底だった。
この苦労から逃げようと思ったこともあったんだ。

でも、その時に学会の先輩から、
「今が信心に本気で打ち込む時だ。逃げちゃいけない」
って指導してもらった。

それは、苦労から逃げちゃいけないし、
学会からも離れてはいけないってことだったんだ。

それからは、遅れても会合に参加するよう心掛けた。
学会の同志には、夢や希望に向かって一生懸命に走っている仲間がいて、
彼らと会うことが大きな力になったんだ。

下積み時代は、
「こんなことに意味があるのか」
「夢や目標に直結しているのか」
って考えがち。

それは、5年後や10年後の未来は
誰にも見ることができないからなんだ。

でも、今の苦労は未来につながっていて、
「ムダ」って思っていたことが、
ちゃんと生きてくるのが信心なんだ。

だから、どんな職種であれ、青年時代は、
「今」だけを見て逃げてしまったり、腐ってしまっては、
つかめるはずの夢さえつかめなくなってしまう。

信心根本に、誠実に努力を積み重ねていけば、
一つ一つの点が必ず線になっていくよ。
人生勝利の方程式を日蓮大聖人が示してくれているんだからね。

私は昨年、もっと高みを目指して、海外で仕事をしました。
ハリウッドスターもコーディネートさせてもらい、
いろんな経験をしました。

そこで気付いたのは、
原点を忘れないことと、
自分の足元を見続けることの大切さ。

それを忘れてしまうと、何のために、
どこを目指すのかを見失ってしまうんです。

私自身、今も土台作りの途中なんだよ。
ビルでいうと、1階が完成したら、それが2階の土台となる。
そして、2階が完成したら、3階の土台となる。

それと同じで、次のステージの自分を作るために、
今の挑戦や努力が大切になってくる。

その積み重ねが、夢や目標に近づき、
さらにもっと高い所へと成長する道なんじゃないかな。

だから、私は昨年の自分より今の方が技術がうまいと思っているし、
来年はもっとうまくなるって思うんだ。

世界を回ってみて、今の時代には
人を幸せに導いていく価値観が必要だって感じた。
そのリーダーシップを発揮していくのは、
青年部の皆さんしかいないとも実感した。

自分の夢や目標をかなえながら、
さらに友人をも幸せにしていくのが本物の信仰者です。

そして、どこまでも池田先生(創価学会)の指針を
大事にしていってほしい。

日々の戦いの中で、師弟の絆を強め、
希望を持って勝利の人生を切り開いていってほしいと思います。

(Visited 26 times, 1 visits today)

アドセンス広告

, , , , , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

今いる場所で 自分自身に負けず 勝ち抜き 人と比べることなく 自分自身の誇り高き使命の道を 実直に前

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

どうすれば、自分の心が歓喜で満ちていくか。 それには、人に生きる喜びを与える 自分になることです。

記事を読む

no image

破壊は一瞬、建設は死闘

信頼を失うのは一瞬です。 本当に残念です。 本当に悲しいです。 人間は変わる。 悲しくも、変わってし

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人の苦労がわかる。 人の努力がわかる―― それこそが、リーダーとしての、 最第一の要件といえよう。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人の信用を得る根本は、 約束を守ることである。 何を犠牲にしても 絶対に約束を守ることによって、 信

記事を読む

no image

3100万遍達成

感謝と報恩の日々は幸せな人生。 後悔と不満の日々は不幸な人生。 同じ人生なら、報恩感謝の

記事を読む

no image

入決!

スタジオジブリの星野社長のセミナーで、 もう10年来からお世話になっている、 先輩社長さんが決意

記事を読む

番組プロデューサー ボニー・ボズウェル・ハミルトンさんに学ぶ

ゴールデンマイク賞を受賞。 オバマ大統領夫人が称賛。 アメリカSGI 総合婦人部長 

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

男は力を持て 妻はどんな時も笑顔で 新たな家庭を築きゆく若き夫婦へ

記事を読む

no image

先哲に学ぶ

土佐が生んだ偉大な政治家・板垣退助は、 ルソーの「民約論(社会契約論)」をもとに 自由民権運動の狼煙

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑