女優・タレント 久本雅美さんに学ぶ

公開日: 社長日記



女優・タレント 久本雅美さんに学ぶ
“私の笑いは、皆さんの感情を害しているんじゃないか。
迷惑をかけているんじゃないだろうか”――
とても傷つき、落ち込みました。
でも、悩みから逃げずに、お題目を唱えました。

そんな時でした。
池田先生が出席される大きな会合
(杉並・中野区の合同総会<1992年>)で、
同じ劇団で学会員だった柴田理恵さんと
漫才を披露する機会をいただいたのです。

短い時間でしたが、
もう無我夢中で自分の力をぶつけました。

すると、池田先生が
「久本さん! 漫才、面白かったよ!
妻と一緒に見て、おなかを抱えて笑ったよ!」
と力強く励ましてくださったのです。

「悲嘆も、悲観もいらないよ。
楽観主義でいくんだ。希望の女優さんになるんだよ」――

激励を受けているうちに、
“先生は私の心をすべて分かってくださっている”
との感動が込み上げてきました。

私は先生の言葉に気づかされました。
「そうだ。私はまた、どう見られているかを
気にするようになっていた。
これではいけない。
“どう見られているか”ではなく、
“どうあるべきか”なんだ。
私は、皆に希望を送っていけるお笑い女優になるんだ」と。

私は自分の決意に当てはまる大聖人の御文を見つけ、
仏壇の前に置いて、真剣に祈りました。

「主君のためにも、仏法のためにも、
世間に対する心がけについても、非常に立派だと、
鎌倉の人々の口々に言われるようになりなさい」
(御書1173㌻、通解)

ここでは単純に“人からほめられなさい”と
言われているのではありません。

家族や地域、社会のために役立つ人間になりなさい、
人々に貢献して、信仰の素晴らしさを証明していきなさい
と教えられているのです。

“笑いを通じて、人々に元気や喜びや勇気を送ろう”
“より深い笑いを目指して、力をつけよう。人間を磨いていこう”――
そう決意が固まると、何か言われても一喜一憂することなく、
すべてをプラスに受け止めて、迷うことなく前に進めるようになったのです。

アドセンス広告

, , , , , ,

関連記事

no image

いつもいつも

感謝の心を忘れずに進みたい。 今日も明日も、 一人だけで頑張っているわけではない。 いつも

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

皆さんもまた、その尊き使命ゆえに、 人の何倍も苦労し、悩むことがあるかもしれない。 しかし、逆境の中

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人の信用を得る根本は、 約束を守ることである。 何を犠牲にしても 絶対に約束を守ることによって、 信

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

努力という短い言葉のなかに、 勝利と栄光が光っている。

記事を読む

やらない後悔よりもやって後悔するほうが

人生はいつも選択の連続であり、 やるかやらないか、勝つか負けるかしかありません。 どうせ生き

記事を読む

タレント 江利奈さんに学ぶ

「今いる場所で勝利を」 との池田先生の指針を胸に、 「必ず実証を示そう」と誓って、 前

記事を読む

no image

世界的賢人に学ぶ

理想を抱きながら、目下の課題に徹していく。 その場その場で、第一人者になろうと、 もてる力を存分に出

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

人の役に立とうと 真剣に立ち上がる時、 人間は生き生きと輝く。 その「勇気」が「慈悲」となる。 その

記事を読む

no image

名字の言に学ぶ

敬ってばかりでは 「師弟」にならない。 師弟とは、 師の格闘の軌跡に学び、 続こうとする挑戦の中にあ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

『誰かがやるだろう』 ではない。 『自分がやる』 のだ。 たとえ、どんな状況にあっても、 頭を使い、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑