株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ
次元は違いますが、
私が創価学会を見ていて感心するのは、
「師弟」という言葉を頻繁に使い、
それを実践しているところなんです。

普通、宗教の指導者といえば「教祖」ですよね。
でも、創価学会では池田名誉会長のことを、
「師匠」であり、「先生」と呼んでいますね。

「師匠」は自身の全存在を通して「弟子」を正しく、
立派に育てようと、厳しく訓練します。

一方、「弟子」は、少しでも「師匠」の
核心に迫ろうと常に精進します。

「教祖」というと、どこか上から目線ですし、一方通行です。
でも「師弟」という言葉には、双方向の心の交流がある。
温かさがあります。


私はこの「師弟」という言葉の中に、またその実践の中に、
学会の在り方の正しさを見る思いでいるのです。

今の若い人に「師弟」なんていっても、
ピンとこないかもしれない。

でもこの「師弟」という生き方の中にこそ、
すっかり自分勝手になり、無軌道になってしまった
現代社会の大切な急所があるように思っているのです。

私は直接、名誉会長にお会いしたことはありませんが、
多くの人々の人生を導く、偉大な指導者であると思っています。

アドセンス広告

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

人を尊敬していかなくてはならない。 尊敬する人は、人から尊敬される。 ちょうど鏡の前に立った

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

悪をすると善をしないとは、 同一の行為を別言したのにすぎない。 しかるに前者は悪いにきまって

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

どんなに忙しい毎日であっても、 口元に出そうになる愚痴を ニッコリと笑顔に変え、 家族や周囲の人をほ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

青年よ 一日一日がすべて、 一つ一つの戦いがすべて、 自身を磨き、鍛え、 大指導者となるための訓練と

記事を読む

平川税務会計事務所 平川豪男税理士に学ぶ

苦境に陥っていると、 つい自分のことばかりにきゅうきゅうとしてしまい、 何をどうしたらいいか

記事を読む

no image

羽生善治王座が20連覇ならず

第59期将棋王座戦(日本経済新聞社主催)五番勝負第3局は、 午後10時45分、147手で先手の挑戦者

記事を読む

アメリカ元国務長官キッシンジャー博士と池田大作SGI会長に学ぶ

キッシンジャー博士 「率直にお伺いしますが、 あなたたちは、世界のどこの勢力を 支持しよう

記事を読む

人生とは後悔の連続かもしれない

生きていると本当に色んな事が起こります。 生きることは本当に戦いです。 一生懸命に生きて

記事を読む

鶴雅グループ 大西雅之代表に学ぶ

人材といえば、創価学会の皆さんは、 本当に真剣で、真面目です。 私はとても評価しています。

記事を読む

no image

一人

人生は厳しい。 綺麗事ではなく、 力がなければ生き残ることはできない。 逃げているやつの人生、最後は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑