株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ
次元は違いますが、
私が創価学会を見ていて感心するのは、
「師弟」という言葉を頻繁に使い、
それを実践しているところなんです。

普通、宗教の指導者といえば「教祖」ですよね。
でも、創価学会では池田名誉会長のことを、
「師匠」であり、「先生」と呼んでいますね。

「師匠」は自身の全存在を通して「弟子」を正しく、
立派に育てようと、厳しく訓練します。

一方、「弟子」は、少しでも「師匠」の
核心に迫ろうと常に精進します。

「教祖」というと、どこか上から目線ですし、一方通行です。
でも「師弟」という言葉には、双方向の心の交流がある。
温かさがあります。


私はこの「師弟」という言葉の中に、またその実践の中に、
学会の在り方の正しさを見る思いでいるのです。

今の若い人に「師弟」なんていっても、
ピンとこないかもしれない。

でもこの「師弟」という生き方の中にこそ、
すっかり自分勝手になり、無軌道になってしまった
現代社会の大切な急所があるように思っているのです。

私は直接、名誉会長にお会いしたことはありませんが、
多くの人々の人生を導く、偉大な指導者であると思っています。

(Visited 528 times, 1 visits today)

アドセンス広告

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

一喜一憂することが 一番愚かなことである どうなろうと 出た結果は受け止めるという ”覚悟の人”でな

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

恩師の大闘争を思えば どんな苦難も乗り越えられる。 勝ち超えられないわけがない

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

前を見よ 後ろを見るな 前には 希望と勝利と栄光の人生がある。

記事を読む

恩師に学ぶ

「難」がなければ、 鍛えもなく、成長もない。 本当の「安楽」の大境涯はつくれない。 何

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

悪いことは ぜんぶ自分が責任をもつ。 よいことは ぜんぶ同志の手柄にしてあげることだ。

記事を読む

no image

アメリカのある大学の創立者の話しから学ぶ

成績がAの学生は、将来、大学の教授になる。 成績がBの学生は、将来、弁護士か会計士になる。 そして、

記事を読む

no image

詐欺師の共通点

起業してからというもの、 「毎月5割の利回りの案件があります」 とか 「今月中に300万ほど投

記事を読む

韓国SGIの友から!

皆さんの法戦の大勝利が、 私たちの勝利なのです、と。 大感動! 勇気百倍!!

記事を読む

鶴雅グループ 大西雅之代表に学ぶ

人材といえば、創価学会の皆さんは、 本当に真剣で、真面目です。 私はとても評価しています。

記事を読む

no image

つらぬけるかどうか

私は常に最善の道を歩んできました。 どんな時も。なんの悔いもない。 これからも死ぬまで歩み続けて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑