株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ

公開日: 社長日記



株式会社アインファーマシーズ 大谷喜一社長に学ぶ
次元は違いますが、
私が創価学会を見ていて感心するのは、
「師弟」という言葉を頻繁に使い、
それを実践しているところなんです。

普通、宗教の指導者といえば「教祖」ですよね。
でも、創価学会では池田名誉会長のことを、
「師匠」であり、「先生」と呼んでいますね。

「師匠」は自身の全存在を通して「弟子」を正しく、
立派に育てようと、厳しく訓練します。

一方、「弟子」は、少しでも「師匠」の
核心に迫ろうと常に精進します。

「教祖」というと、どこか上から目線ですし、一方通行です。
でも「師弟」という言葉には、双方向の心の交流がある。
温かさがあります。


私はこの「師弟」という言葉の中に、またその実践の中に、
学会の在り方の正しさを見る思いでいるのです。

今の若い人に「師弟」なんていっても、
ピンとこないかもしれない。

でもこの「師弟」という生き方の中にこそ、
すっかり自分勝手になり、無軌道になってしまった
現代社会の大切な急所があるように思っているのです。

私は直接、名誉会長にお会いしたことはありませんが、
多くの人々の人生を導く、偉大な指導者であると思っています。

アドセンス広告

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

no image

恩師に学ぶ

前進には 革命には 様々な圧迫がある 障魔が逆らう それを打開しゆくのが 青年の 青年たるゆえんだ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

夢をかなえるには 「勇気」を持つこと。 思うようにいかないことが 立ちはだかっても、 へ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

男は力だ。 師子王のごとく生きよ。 なにごとも、歯をくいしばってがんばりきれる人が、 男のなか

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

よい環境はよい人間をつくる。 自ら、そうしたよい環境、 よい人間のつながりを求めていく人は、

記事を読む

no image

忠言耳に逆らう

真心からの忠告の言葉は 欠点や過ちを鋭く指摘しているゆえに 忠告された人は 素直に聞き入れにくい 素

記事を読む

no image

新渡戸稲造先生に学ぶ

七度倒れて八度起き上がるという、 勇気ある人は即ち将来ある人である。

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

悪をすると善をしないとは、 同一の行為を別言したのにすぎない。 しかるに前者は悪いにきまって

記事を読む

恩師に学ぶ

青春は戦いである。 精神の闘争のない青年は 伸びない。勝てない。 確固たる哲学をも

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

歴史を動かし 創っていくのは 一人の英雄ではない 生命をかけて戦う 陰の人なのだ

記事を読む

no image

恩師に学ぶ

くれぐれも父母を大切に。 皆さんが立派な人に育つことが、 何よりの親孝行になるのです。 今は大いに学

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

アドセンス広告

PAGE TOP ↑